試合レポート

【春季埼玉県大会】立教新座打線が7回一挙4得点!国際学院の好投手・金子を攻略!

2024.04.27


村岡 伸之(立教新座)

【トーナメント表】春季埼玉県大会 結果一覧

<春季埼玉県高校野球大会:立教新座4-3国際学院>◇26日◇1回戦◇上尾市民

上尾市民球場の第1試合は、立教新座vs国際学院の一戦。両校は秋春と練習試合を行うだけに、互いのことはある程度分かった上での対戦となる。

立教新座は1番・川村 太壱外野手(3年)と6番・村岡 伸之佑内野手(3年)が木製バットを選択していた。

立教新座野川 拓真投手(3年)、国際学院金子 紀大投手(3年)と、両エースが先発し試合が始まる。

立教新座は初回、国際学院・金子の立ち上がりを攻め、川村、藤井 奏吾内野手(2年)、小板橋 望和捕手(3年)の3連続右前打で、いきなり無死満塁のチャンスを迎える。だが、国際学院・金子が開き直り、後続を抑え無失点で切り抜ける。

この日の主役は、国際学院のエース金子だった。最速138キロ左腕の、投げっぷりの良い投手で、普段は球が荒れるのが特徴だが、この日はまとまった投球を披露する。2回以降は立ち直り、走者こそ出すが、強打の立教新座打線を無得点で抑える。

一方、最速140キロの立教新座・野川は、対照的に変化球中心でノラリクラリと凌ぐ投球に終始する。

先制したのは国際学院だった。

2回、1死から5番・金井 日良内野手(3年)が四球を選び出塁すると、続く屋良 俊樹外野手(3年)が右中間へ適時三塁打を放ちまず1点。さらに暴投で1点を追加し、国際学院が2点をリードする。

国際学院は6回にも、この回からマウンドに上がった立教新座の2番手左腕・椎野 蒼大投手(3年)の代わり端を攻め、1死から屋良の遊ゴロが相手の一塁悪送球を誘い1死二塁とすると、2死後、8番・中村 太哉内野手(2年)が左前適時打を放ち3点差をつける。

だが、ここまで好投を続けてきた国際学院・金子は、6回まで投球数100球を超えていた。この日の暑さも相まって7回時点で足が攣ってしまう。

すると、ここから立教新座打線が猛反撃を見せる。

この回先頭の藤本 祐生(2年)が相手エラーで出塁すると、1死後、2番・藤井は三振に倒れるが、その間に一走・藤本が二盗を決め2死二塁とする。ここで3番・小板橋が左翼線へ適時二塁打を放ちまず1点。続く戸張 健介(3年)も中前適時打を放つと、5番・晝間 丈陽外野手(3年)も三塁線を破る適時二塁打を放ち同点とする。イケイケとなった立教新座は、続く村岡も右越えの適時三塁打を放つなど、この回一挙4点を奪い4対3と一気に逆転する。

その後は椎野、松岡 啓太投手(3年)とつないだ立教新座投手陣が、国際学院打線の反撃を無失点に抑える。

結局、立教新座国際学院を4対3の1点差で制し、初戦を突破した。

国際学院の川島監督は「金子は四死球も少なく、やってやるぞという気合いを全面に出した素晴らしい投球でした。心と体が良いバランスで。ただ、立教新座打線が強力なことは知っているので、彼も甘くいくと行かれるということで、どうしても球数が多くなり初回から強い球を連投するような展開になってしまった。7回の場面を同点までで乗り切ってもらえると、終盤の最後の攻防は面白くなったんですが。最終回の金子の再登板に関しては力は残っていなかったと思うが、最後の攻撃に弾みをつけるということで。彼が中心のチームなので。打撃面は低反発バット対策として”ちゃんと捉える”という形をかみくだいて伝えてきたが、この日は野川君がいつものイメージと違い、かわされてしまった。選手たちは体づくりを含め、一生懸命なのでシードなど結果を出させてあげたかった」と、試合後悔やんだが2番手以降の差が出てしまった形だ。いずれにせよ打線でも2番を打つ大黒柱のエース金子が一本立ちしそうなだけに、夏までそれ以外の選手たちがどれだけ彼の負担を軽減することができるかが今後の課題であろう。

一方の立教新座・池田監督は「金子君が良いピッチャーというのはわかっていた。練習試合の時は荒れていましたが、これがまとまってくると思っていたら、案の定。うちも初回の無死満塁を取れなかったですが、それでも30球近く投げさせることができたので、ずっとベンチで我慢我慢、後半戦だよと。野川は一昨日まで体調不良で本調子ではない。本人も球が走っていないことを気にしていたんですが、5回の満塁のピンチをよく凌いでくれた。次は無理だと思ったので、5回で代えました。村岡の三塁手は藤井の成長を促している部分もあるが、村岡は足もあり、野球を知っているので打順も6番、低反発バットの影響で打球は死ぬので、三塁手の重要性を考えると、このままでもいいのかなと。打力で埼玉一番を取ろうと。4巡目で捉えてくれた。木製はバットが走るので川村や村岡に提案した。川村はOPSが高いので1番に起用している」と、安堵の表情を浮かべる。内容的には決して褒められた内容ではなかったが、それでも川村、小板橋、村岡、野川など潜在能力は高い。シード獲得へは野川の復調が鍵となるであろう。

【トーナメント表】春季埼玉県大会 結果一覧

この記事の執筆者: 南 英博

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?