試合レポート

成田vs千葉英和

2013.07.24

守備の男が大会NO.1右腕を打ち崩す

 成田ナインの急成長に驚かされた試合であった。成田がAシードの千葉英和に勝利したのだ。内容は春季大会を見ると攻守ともに成田ナインは大きく成長した実感できる試合だった。千葉英和の先発は小又 圭甫(3年)。この夏、最速147キロを計測した右の本格派である。この男に対し、どう立ち向かっていったか。1番丹治 光生(3年)が鋭い当たりの中飛を放ったのを見て、成田はしっかりと小又の速球に対応出来ていると感じた。2番内山 翔太(3年)が小又の速球を引っ張り左前安打したのを見て、驚かされる。そして3番早坂 司(3年)。早坂は守備力ならば千葉県屈指。フットワークが良く、スピード感のある遊撃守備にいつも惹かれていた。その早坂がカウント球のカーブを引っ張りライトスタンドへ飛び込む2ランホームラン。県NO.1右腕から本塁打を放つのである。早坂はシュアな打撃ができる選手だが、しっかりと自分の球を呼び込んで本塁打が打てるまでのレベルに達しているのは驚きだった。

 千葉英和は3回表、8番梅田 寬大(3年)が内野安打で出塁し、9番吉川 智陽(3年)の犠打で一死二塁として牽制悪送球で一死三塁として、1番小山 響(3年)の犠飛で1点を返す。

そして3回裏、また早坂の打席に回ってきた。左横線を破る二塁打を放った9番秋山 裕磨(2年)を二塁において、二死二塁。小又は内角直球を投じる早坂は打ち返す。小又の速球に振り負けず中前安打に。秋山が生還し、3対0とした。小又から2安打3打点。守備の男が大会NO.1右腕をうち崩した。


 成田は背番号3の久保田 巧(3年)が好投。久保田は右スリークォーター気味から130キロ前後の直球、スライダー、チェンジアップを内外角に投げ分ける。春季大会と比べるとストレートも速くなっており、変化球もコーナーへ決まるようになった。千葉英和打線は久保田をなかなか打ち崩すことができない。

 小又は3失点された以降は成田打線を抑えるが、三振の数が少ない。三振が少ないのは緩急を使っていないと思う。小又は早坂にカーブに本塁打を打たれてからカーブをあまり投げなくなった。小又は140キロ台のストレートとスライダーが中心。ほぼ直球に近い軌道なので、打者からすれば狙い球が絞りやすく、打ちやすい。成田打線が小又から8安打を放ったのは成田の打撃力アップはもちろんだが、緩急を使わなかった小又の投球も一つの要因となっているだろう。今秋のドラフト候補に上がる投手だが、上の舞台で活躍するにはストレートをより速く見せる投球についても追究することも大切になってくるだろう。

  そして久保田は千葉英和に7安打を許しながらも要所を締めて完投勝利。成田がAシード千葉英和を破り、ベスト8進出を果たした。成田は投打ともに着実に成長を見せていた。成田打線が小又から8安打。速球に振り負けない打線に成長し、久保田も我慢強く投球ができる投手に成長した。成田は夏はかけて伸びるチームだと感じた。そこはノーシードから甲子園ベスト4まで駆け上がった2010年のように夏へかけて大きく伸びたチームと似ているところがある。2010年のメンバーと今年のメンバーを比較すると、能力的には今年の方が高い。中川 諒のような大エースはいないが、だが各投手が懸命に投げて試合をつくり、試合をモノにしている。甲子園まであと3つ。次はBシードの習志野である。 

(文:河嶋 宗一)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?