試合レポート

【東京六大学】4番・清原がタイムリー!ルーキー・丸田はデビュー戦ヒット!注目の慶應義塾出身選手2人が躍動!チームも連勝で2季連続優勝へ好発進!

2024.04.14


左から丸田 湊斗外野手、堀井 哲也監督、清原 正吾内野手

<東京六大学春季リーグ戦:東京大3-8慶應大>◇14日◇第2試合◇明治神宮野球場

慶應大が初回に4点を先制し、中盤も得点を重ねて開幕2連勝。4番に座る清原 正吾内野手(慶應義塾)や昨年夏の甲子園で1番センターとしてチームを優勝に導いた丸田 湊斗外野手(慶應義塾)に大学初ヒットが生まれるなど、注目の慶應義塾出身選手が躍動した。

 

開幕戦に続き「4番・1塁手」に座った清原は初回のチャンスでライトへ追加点となるタイムリー。2試合連続で結果を残し、「追い込まれていたので逆方向へ意識していた。自分の中でも完璧の当たりでした」と自画自賛。それでも、「甘い球を仕留めきる力をつけていきたい」と今後を見据えた。

 

8回ウラ、2死から代打で出場したルーキーの丸田もカウント2ボールからサードへの当たりに全力疾走で内野安打を記録。107年ぶりの甲子園優勝に導いた注目の存在が、デビュー戦から持ち味の脚力でヒットにこぎつけた。

試合を終え丸田は、「いい当たりではなかったが、結果としてヒットができたことはホッとしている」と初打席を振り返る。代打で名前がコールされると大きな歓声が神宮球場にこだましたが、「甲子園で経験しているので、力は入ってしまったけど緊張は無かったです」と語っていた。

 

堀井監督は、「勝ち点を獲得できたことが収穫」と喜びを口にした。注目選手の活躍には、「丸田にしても清原にしても、学年問わず求心力がある選手。チームにとってもいいスタートになった」と称えていた。

 

開幕カードを連勝で終え、2季連続優勝へ好スタートを切った。カギを握る打のスター達が奮闘した。

〈関連記事はこちら〉

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

昨年のU-18日本代表全20名の進路が決定!プロ5人、大学12人、徳島商の149キロ右腕・森はNTT東日本、左サイド・矢野は関西独立リーグへ

 

この記事の執筆者: 塩澤 風太

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?