News

7安打中6本が長打! 中央学院・青木勝吾の打撃は「夏にもう一度夏見たい!」【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.31


青木 勝吾(中央学院)※写真は過去の取材より

<第96回選抜高校野球大会:報徳学園4-2中央学院>◇30日◇準決勝◇甲子園

新基準バットを使いこなした好打者が、センバツを去った。準決勝で敗れた中央学院(千葉)の1番打者、青木 勝吾外野手(3年)は、間違いなく甲子園のファンの心をつかんだ選手の1人だった。

大会4試合で放った安打は7安打。そのうち6本が長打だった。初戦で三塁打、二塁打を放つと、2戦目こそ単打1本だったが、準々決勝では放った3安打すべてが二塁打だった。そして、準決勝では最後の第4打席で左越えの二塁打を放った。飛距離が5、6メートル少なくなるというデータがある新基準のバットを使って、そのデータを打ち破る長打を打ちまくったことになる。

もちろん、新基準のバットでも、芯でしっかり捉えれば飛距離と打球速度は生まれる。青木はその確率をグンと上げることができた結果、長打を量産することができた。

バットコントロールの技術はもちろんだが、体全体を使ってスイングできる下半身の強さと天性のセンスもあるのだと思う。特に低めの球でも外野の間を抜く打球を放っていたことがそれを証明していると思う。

センバツでは14打数7安打で打率.500、二塁打5本と三塁打1本、単打1本の14塁打を残した。夏に向けてさらに成長するだろう。激戦区で有名な千葉大会だが、必ずや夏の甲子園でも長打を連発することだろう。

<関連記事はこちら>
【試合レポート】報徳学園が中央学院との接戦を制し、昨年に続いて2年連続決勝
フルスイングを貫いて長打2本、中央学院の1番・青木がチーム13安打快勝を牽引した【センバツ・輝きを放った逸材たち】
【一覧】センバツ大会 結果一覧
【センバツ4強打撃ランキング】中央学院・青木勝吾が”三冠”!星稜の注目捕手が”盗塁王”
今年も逸材揃う!センバツ注目選手リスト

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

1 Comment

  1. 須田和城(パンツ)

    2024-05-26 at 12:40 PM

    千葉県の高校野球いいねえ

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.25

【島根】開星、立正大淞南、大社、飯南などが各地区で4強入り<各地区大会>

2024.05.25

【長崎】鎮西学院と大村工が敗者復活から勝ち上がって本大会へ<NHK杯地区予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商