試合レポート

報徳学園が中央学院との接戦を制し、昨年に続いて2年連続決勝

2024.03.30


今朝丸 裕喜、西村 大和(報徳学園)※写真は過去の取材より

<第96回選抜高校野球大会:報徳学園4-2中央学院>◇30日◇準決勝◇甲子園

昨年準優勝の報徳学園(兵庫)が中央学院(千葉)との接戦を制して、昨年に続いて決勝進出を決めた。

初回に斎藤 佑征内野手(3年)の適時打で1点を先制。同点とされた直後の4回裏にセーフティースクイズなどで2点を奪って勝ち越すと、5回には山岡 純平内野手(2年)の適時打で突き放した。

先発の間木 歩投手(3年)は9回途中まで2失点と好投。最後は2死二、三塁と、一打同点のピンチでマウンドに上がった2番手・今朝丸 裕喜投手(3年)が、最後の打者を打ち取って勝利を手にした。間木は「大阪桐蔭を破ったあとに決勝戦で負けた悔しさがあるので、その試合に勝つことができて嬉しい。直球、変化球の投げ分けはうまくできたが、9回を最後まで投げきれなかったのは悔いがある」と振り返った。

大角監督は「去年の決勝進出より全然、心境が違う。私自身、どこか気の緩みがあったことを反省している。主将の間木が開会式で準優勝旗を返したのが悔しかったと語っていて、その悔しさを晴らす舞台がやってきたと思います」と決勝に向けて気持ちを新たにしていた。

中央学院は最後の最後まで報徳学園を追い詰めたが及ばなかった。昨年秋、千葉大会で敗者復活から勝ち上がり、つかんだセンバツの舞台。甲子園初勝利から4強まで勝ち上がった自信を胸に夏に向かう。

<関連記事はこちら>
【一覧】センバツ大会 結果一覧
【センバツ】優勝候補は健大高崎と広陵! 健大高崎は超強力打線&2年生2枚看板
【センバツ4強投手ランキング】佐藤龍月(健大高崎)が「防御率・奪三振数・被打率」いずれもトップ!
【センバツ4強打撃ランキング】中央学院・青木勝吾が”三冠”!星稜の注目捕手が”盗塁王”
今年も逸材揃う!センバツ注目選手リスト
【一覧】センバツドラフト候補・スーパー2年生編

 

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

智辯和歌山の197cm右腕、和歌山東のプロ注目の強打者、公立校に140キロ超え右腕が続出!【和歌山注目選手リスト】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】