News

【センバツ4強分析】快進撃を続ける中央学院は打率6割の1番青木と投手3本柱がキーマン!県勢初優勝を狙う!

2024.03.30


左から臼井夕馬、颯佐心汰、青木勝吾、蔵並 龍之介※写真は過去の取材より

第96回選抜高等学校野球大会も30日に準決勝、31日に決勝戦が行われる。
甲子園初勝利から準決勝まで駆け上がった中央学院は、第2試合に登場し、報徳学園と対戦する。
新基準バットで多くの学校が打撃に苦しむ中、ここまで3試合のチーム打率.317、19得点は、準決勝進出チームの中で1位だ。

■データ・勝ち上がり

総得点 19
総失点 8
チーム打率.317

1回戦 耐久 7-1
2回戦 宇治山田商 7-6
準々決勝 青森山田 5-2

■今大会打率6割の1番青木勝吾に注目!

打撃の中心は1番・青木 勝吾外野手。ここまで10打数6安打5長打7打点2盗塁と大当たり。迷いのないフルスイングができており、新基準バットに関係なく長打を飛ばすことができている。青木が出塁し、そして勝負どころでも打つことができれば一気にチームが乗る。準決勝でも要注目の打者だ。

ほかにも3番水嶋 悠外野手(3年)、4番中村 研心外野手(3年)、5番颯佐 心汰内野手(3年)の3人に注目。それ以外の打者たちもしぶとい打撃を見せ、走塁技術も非常に高い。
関東5枠目に選出された理由としては、関東大会準々決勝で健大高崎佐藤 龍月投手(2年)から11安打を記録した打撃だった。その打撃力をセンバツで思う存分発揮している。

■秋から成長を見せる蔵並、颯佐、臼井の3本柱!粘り強い投球が光る

投手陣は遊撃手を兼任する颯佐、右サイドから最速143キロを誇る臼井 夕馬投手(3年)、背番号「1」を着ける長身右腕・蔵並 龍之介投手(3年)が中心。颯佐は「3人で1試合を投げるつもりで投げている」とセンバツ、秋の公式戦13試合も継投策で勝ち上がってきた。

このセンバツでは臼井の成長が大きい。秋では早期降板など悔しい思いをしてきた。冬場のトレーニングを重ね、「精神面が強くなり、周りが見えるようになってきました」と大舞台でも安定した投球を披露。2試合で、10.2回を投げ、自責点3の力投を見せている。

蔵並は準々決勝の青森山田戦から登板。最速141キロの速球、スライダー、フォークのコンビネーションで、8回途中まで1失点の好投。リードする飯山 成夢捕手(3年)は「インコースを軸にして、スライダー、フォークで勝負する配球でした。自分はサインの指を出すだけなので、苦しい場面でも、しっかりと投げきれた蔵並が凄かった」とエースを称えた。
蔵並は投球練習でうまくいかず、涙を流すことがあったようだが、相馬 幸樹監督から「フォームではなく、投球のイメージを変えたほうがいいよというアドバイスで変わりました」と投球を修正できた。
具体的にはうまく落ちなかったフォークをベース手前ではなく、捕手に捕ってもらうイメージに修正したところ、思い通りに投げられるようになったという。

颯佐はすべてリリーフ。140キロ前半の速球、スライダーのコンビネーションで勝負しているが、「まだ自分のイメージ通りに投げられていないです」と自分の内容に満足していない。それでも終盤を抑えて、勝利に貢献している。
準々決勝では臼井の温存に成功。報徳学園戦では万全の体制で臨むことができそうだ。

■投打に充実の中央学院 千葉県勢として初の頂点へ

準決勝進出4チームの中で打率、得点ともに1位。投手陣も3投手が粘り強い投球を見せている。颯佐は「秋は県大会から強豪との戦いばかりでした。そういう相手に勝利してきたことが今の戦いにつながっているのかなと思います」と振り返った。
千葉県は過去3度の準優勝はあるが、センバツ優勝はまだない。勢いのある戦いを見ると、頂点は十分に狙えるのではないか。

【ベンチ入り選手】

蔵並 龍之介投手(3年)
飯山 成夢捕手(3年)
森田 倫揮投手(3年)
中村 研心内野手(3年)
小沢 遼大内野手(3年)
颯佐 心汰内野手(3年)
上村晃平外野手(3年)
青木 勝吾外野手(3年)
水嶋 悠外野手(3年)
臼井 夕馬投手(3年)
三宅 遼真投手(2年)
佐藤 佑人捕手(2年)
古口 駿斗捕手(3年)
浅倉 大輔内野手(2年)
宮内 優吏内野手(3年)
馬嶋 康多内野手(2年)
岩崎 伸哉外野手(3年)
山崎 銀士朗外野手(3年)
鵜沢 礼凰投手(2年)
長江 悠人外野手(3年)

<関連記事>
【トーナメント表】センバツ大会 結果一覧
【センバツ4強戦力分析】健大高崎は石垣、佐藤の2年生投手コンビが躍動!「史上最強の顔ぶれ」が揃った強力打線の大爆発に期待!
【センバツ4強戦力分析】昨夏の甲子園初戦敗退で「守備の星稜」へモデルチェンジ! 悲願の甲子園優勝へのカギは3,4番の復活!
【センバツ4強戦力分析】今朝丸&間木の2枚看板が盤石な報徳学園!魔曲「アゲアゲホイホイ」も大きな味方だ!
【センバツ準決勝第一試合見どころ】星稜-健大高崎は超高校級捕手対決に注目!
今年も逸材揃う!センバツ注目選手リスト

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.26

【春季近畿大会】大阪学院大高のプロ注目ショート・今坂幸暉は3打数無安打。「第1打席がすべて」と悔やむも好守備に手応え

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商