News

報徳学園は間木、今朝丸の2枚看板だけではない!阪神ジュニアも経験した巧打堅守のサード・西村大和にも注目だ!【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.28


西村大和(報徳学園) ※写真は過去の取材より

昨年に続き、ベスト8入りした報徳学園間木 歩投手(3年)、今朝丸 裕喜投手(3年)の2枚看板が注目されているが、3番サード・西村 大和内野手(3年)の攻守の総合力の高さにも注目だ。

昨年は1年生ながらサードのスタメンを獲得し、選抜では6番で出場し、準優勝を経験した。2回戦の常総学院戦では、4安打の活躍を見せた。

まずバットコントロールの良さ。140キロ台の投手に対しても振り遅れず、きっちりと捉えることができる。打撃フォームを見ると、スクエアスタンスで構え、ノーステップで打ちに行く。西村はノーステップで打つ理由について、
常総学院の投手は速くて、さらにクイックで投げるので、振り遅れをしやすいので、ノーステップで打ちにいきました。無駄な動作を省くことができて、打ち返すことができました。いつでもノーステップというわけではなく、足を上げても感覚が良くて、対応できるのならば、足を上げます」

そして上半身の動きを見ると、真っ直ぐ引いてインサイドアウトでインパクトを迎えることができる。打撃フォームは大きな欠点がない。さらにフィジカルを強化すれば、もっと長打は出るだろう。

三塁守備も非常に上手い。打球反応がよく、難しいバウンドに合わせる球際の強さが光る。さらに強肩で、スローイングのコントロールも良い。守備力の高さはA級だろう。

上級生として、内野手をまとめる様子が見える。

「投手に声をかけたり、甲子園ではブラバンによって声が聞こえにくいので、ジェスチャーで内野とコミュニケーションを取ったり、昨年の選抜でもナイターも経験していますし、みんなにうまく伝えることができています」

準々決勝の大阪桐蔭戦へ向けて、「1人1人の投手のレベルが高いので、どんどん打者が点をとって援護したい」と意気込んだ。

最後に西村の将来性について触れると、高卒プロというタイプではないが、大学、社会人などに進んで村松 開人内野手(静岡-明治大-中日)のような攻守で技術が優れた選手になっていくのではないか。大舞台で結果を残せる勝負強さもあり、今後の試合での活躍が楽しみだ。

<西村大和(にしむらやまと)>
右投げ左打ち
小学生:西脇ワイルドキッズ(軟式)
2018年阪神ジュニアを経験
中学生:枚方ボーイズ(硬式)
主に投手とショート
報徳学園入学後
1年夏から背番号6でベンチ入り
昨年の選抜では東邦戦でサヨナラヒット

習い事:そろばん 8歳〜11歳 水泳 8歳〜10歳

<関連記事はこちら>
◆【トーナメント表】センバツ結果一覧
◆センバツに出場する23人の「高卒即プロ入り」が狙える逸材たち! 登場日、注目ポイントを徹底解説!
◆【センバツドラフト候補・注目野手編①】新基準バットも関係ない!ラマル、モイセエフなど大会を盛り上げる8人のスラッガーたち!
◆【センバツドラフト候補・注目野手編②】7人の逸材遊撃手を紹介! 中央学院の“今宮健太2世”の強肩、元ロッテ投手の父を持つ健大高崎大型遊撃手など
◆「打球が遅い!」センバツ出場選手たちが語る 飛ばない新基準バット“内野守備への影響”

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】