News

健大高崎の2年生右腕・石垣元気が大会最速タイの149キロ!高校3年夏までの目標は「155キロ!」【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.27


石垣 元気(健大高崎)※写真は過去の取材より

2年生ながら今大会最速タイの149キロをマークした健大高崎・石垣 元気投手(2年)。解禁明けの練習試合で最速150キロを叩き出すなど、順調な仕上がりを見せていた。

明豊戦の投球は凄まじいものがあった。最速149キロに加え、平均球速143.5キロ。これは同じく149キロを出し、平均球速143.71キロを計測した大阪桐蔭平嶋 桂知投手(3年)と同等の数字である。直球22球のうち19球が140キロ超え。145キロ以上は7球と、超高校級の速球を見せてくれた。

投球フォームを見ると、ステップ幅が狭く、肘を大きく突き上げるテークバック、鋭く腕が振れるところは巨人のクローザー・大勢投手(西脇工)と似ている。回転数が高く、高めに強いストレートを投げることができているため、打者は捉えることができない。

洞爺湖シニア時代の最速は137キロ。177センチと大型投手ではなくても、並外れた速球を投げられる要因としては「投手を始めた時から人より腕が速く振れる自信があります。それが速い球を投げられると思っています」と語る。

健大高崎の環境に惹かれ、同校に入学した石垣は順調にスピードアップ。同校が実施する初動負荷トレーニングで、その潜在能力が引き出された。石垣は「より力が入りやすくなり、ストレートの出力は上がったと思います」と手応えを感じている。

石垣のボールを受けてきた金井 俐樹捕手(3年)はストレートの進化を語る。
「もう速いの一言ですね。威力がこの冬にかけてすごくなってきましたし、圧力を感じるので、捕るのは結構大変ですね」

変化球も多彩で、スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップ、スプリットの5球種。特に120キロ後半のスプリットは三振を奪うことができる効果的な球種だ。

ストライク先行ができて、並外れた平均球速もあって、変化球の精度も高い。早くも25年度のドラフト上位候補に入る投手だろう。

石垣は高校3年間の目標として「150キロはクリアしたので、155キロを出したいです。そして平均球速は145キロ以上は出したい」と宣言した。

健大高崎は甲子園で無失点投球を見せる146キロ左腕・佐藤 龍月投手(2年)の評価も高まっているが、ドラフト候補としてのスケールは石垣が上回っているだろう。来年夏までどんな成長を見せるのか、楽しみだ。

<関連記事はこちら>
【一覧】センバツドラフト候補・スーパー2年生編
【一覧】大会7日目までの140キロ超え投手
【トーナメント表】センバツ7日目までの結果
【センバツ本日の見どころ】8強出そろう4試合! 大阪桐蔭-神村学園など好カード目白押し!
大阪桐蔭151キロ右腕に創志学園二枚看板の一角、高1時に145キロの怪腕……センバツ初戦未登板の逸材投手4人!

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【交流試合】打線絶好調の川口市立が飛ばないバットを感じさせず、千葉英和を強打で圧倒

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.01

【春季鹿児島大会】鹿児島玉龍が逆転勝ち、錦江湾は先制もあと1歩及ばず

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?