News

試合前のエネルギー補給【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.03.26


おにぎりはラップに包んでおくと食べやすい

皆さんは大事な試合の日にどのように食事をとっていますか。体を動かすエネルギー源を蓄え、それを維持しながら試合に臨むことは、良いパフォーマンスを発揮することにもつながります。試合当日はどのような食事を心がければ良いかを確認してみましょう。

食事は試合開始3~4時間前までに

試合の開始時間から逆算して3~4時間前までには食事を済ませておくことが理想的です。もし朝の試合であれば、朝食は試合開始の3時間前までには済ませておきましょう。当日の朝食ではエネルギー源となる糖質を中心に消化の良いものを準備しましょう。おにぎり(お米)とうどん(小麦)など主食を2種類以上にすると、糖質の吸収速度が違ってくるため、異なるタイミングでエネルギーが供給されるメリットも期待できます。一方、消化吸収に時間のかかる脂っぽいもの、揚げ物や、食物繊維の多い根菜類などは、当日のコンディションに影響を及ぼしやすいため避けた方が無難でしょう。

試合前の補食

グラウンドに到着してウォームアップを行う前、もしくはウォームアップ後など試合開始1~2時間前にもエネルギー源となるものを補食として摂るようにしましょう。このときは一口でサッと食べられるおにぎりやパン、バナナなどの果物、カステラなど、お腹が重くならない程度を目安にして食べるようにします。このタイミングでは「空腹を満たす」のではなく「エネルギーを満たす」ことを意識しましょう。また同時に水分補給を行い、脱水状態にならないよう心がけましょう。

試合中の補食

試合中においても体の中のエネルギーが枯渇しないよう、タイミングを見ながら補食を摂るようにします。ここでも消化吸収が早いものを中心に食べやすいものを選びましょう。バナナやゼリー飲料などは手軽にとることが出来ますし、オレンジジュースやスポーツドリンクなど糖質の含まれた飲みものは水分補給とあわせてエネルギー補給を行うことが出来ます。

試合時間が長くなるほど、エネルギー切れは集中力やスタミナの低下などパフォーマンスに影響を及ぼします。当日の食事から試合中の補食まで、糖質を中心に体の中のエネルギーが切れないよう、こまめに食べることを心がけましょう。

文:西村 典子
球児必見のコラム「セルフコンディショニングのススメ」はこちら!

この記事の執筆者: 西村 典子

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.21

【滋賀】近江、八幡商がコールド発進<春季県大会>

2024.04.21

【京都】龍谷大平安、塔南・開建がコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

2024.04.21

【広島】広陵はコールド発進、山陽は1点差勝利で初戦を突破<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード