News

疲労回復のために心がけたいこと【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.06.25


疲労回復を促すためにもまずは「十分な睡眠」が得られているかを確認しよう

練習や試合が続くと「休養日だけでは疲労回復が追いつかない…」と感じることがあると思います。一日ハードに動いた体力的・精神的な疲労を翌日まで持ち越さないようにセルフケア、コンディショニング等で対応することが理想的ですが、現実的にはどうしても疲労がたまりやすい傾向にあります。その中でもいかに早く疲労回復を促すかについて考えてみましょう。

睡眠は十分ですか?

世の中にはさまざまな疲労回復方法がありますが、真っ先に確認しなければならないのは睡眠・休養です。高校生の皆さんは学校の授業を始めとし、夕方からの部活動、時には朝練、学校までの往復の通学時間といった具合に、一日のスケジュールに時間的余裕がないこともしばしばです。帰宅してからも食事・入浴といった日々の欠かせない習慣、宿題や予習、テスト前には試験対策などに費やす時間があり、自由な時間は思いのほか少ないもの。友人と過ごしたり、スマホで動画を見たりと楽しく過ごす時間は必要不可欠なものですが、睡眠時間を削ってしまうようなことがあっては疲労回復に支障をきたすこともあります。翌日のスケジュールを確認した上で必要な睡眠時間(最低でも6~7時間)を確保し、就寝時間を守って体を休めるようにしましょう。

疲れ過ぎて欠食していませんか?

「練習後に横になったら寝てしまい、食事をするタイミングを逃してしまった…」「朝、ギリギリまで寝ていたので朝食を食べずに学校にきてしまった」といった話を聞くことがあります。疲労回復のためにまずはしっかりと体を休めて欲しいのですが、食事を食べずに過ごしてしまうこともまた疲労回復を遅らせる一因となることがあります。体の回復に必要な栄養素だけではなく、体を動かすためのエネルギーもまた不足してしまうからです。エネルギー不足の体のままで過ごしてしまうと、脳へのエネルギー源が不足してボーッとしやすくなりますし、集中力不足によってケガをしてしまうリスクも高まります。十分な睡眠は疲労回復に欠かせないものですが、食事を取ることもまた疲労回復に役立つものと心得ましょう。

睡眠、食事、そしてセルフコンディショニング

疲労回復のためのセルフコンディショニングとして、入浴やストレッチ、トレーニングなどが挙げられますが、その前にまずは睡眠、食事がしっかりと取れているかどうかを確認しましょう。その上で練習後のクールダウンや帰宅後の過ごし方など、野球選手としてできることを行うことが大切です。気になる部位はストレッチを行ったり、フォームローラーやテニスボールなどを使って軽くほぐしたりすることも硬くなった筋肉の柔軟性を回復することが期待できます。なるべく疲労をため込まないようにするためにも、生活習慣を確認すること、その上でできるセルフコンディショニングを実践していくことを心がけましょう。

文:西村 典子
球児必見のコラム「セルフコンディショニングのススメ」はこちら!

この記事の執筆者: 西村 典子

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」