試合レポート

阿南光の吉岡が14K無四球完封で初の8強入りに導く、熊本国府の反撃実らず

2024.03.25


吉岡暖(阿南光)※写真は過去の取材より

【トーナメント表】センバツ大会 結果一覧はこちら

<第96回選抜高校野球大会:阿南光3-0熊本国府>◇25日◇2回戦◇甲子園

阿南光(徳島)が、エース吉岡 暖投手(3年)の完封劇で、チーム初のセンバツベスト8に輝いた。

吉岡は熊本国府(熊本)相手に、6回をのぞく毎回の14三振を奪う快投。力強い直球に、切れ味の鋭いスライダーで、三振の山を築いた。終わってみれば、5安打無四球の完封。初戦の豊川(愛知)戦の11奪三振に続いて2戦連続の2ケタ奪三振をマークした。

「完封勝利ができて嬉しい。熊本国府さんはミート力も高い打者も多かったので、ストライク先行の投球ができた。三振は狙っていませんが、ピンチの場面など要所で三振をとることができて良かった」と大会No.1と呼ばれる実力を見せつけた。

準々決勝では昨年秋の明治神宮大会を制した星稜(石川)と対戦。「強い相手で、1番から9番まで警戒しないといけない。チャレンジャーとしてぶつかり、自分は無失点投球ができるようにしていきたい」と気持ちを切り替えていた。

攻撃では、1回に3番・福田 修盛外野手(3年)が右翼越えの適時三塁打を放って先制。チームに勢いをつけて、3得点を呼び込んだ。福田は「1回戦はチャンスで打てなかったので、絶対に返して、吉岡を楽にしてやろうという気持ちで打ちました。高橋監督から打席に入る前から変化球を狙っていけという指示があったので打つことができました」と鼻息も荒かった。

熊本国府は、終盤に無死からの走者を出すも、2度の併殺でチャンスをつかみきれずに敗退。初の8強入りはならなかった。

【トーナメント表】センバツ大会 結果一覧はこちら

<関連記事はこちら>
【一覧】大会5日目までの140キロ超え投手
【センバツ】大胆4強予想、星稜、広陵、報徳学園に健大高崎か
「打球が遅い!」センバツ出場選手たちが語る 飛ばない新基準バット“内野守備への影響”
【一覧】センバツドラフト候補・スーパー2年生編
センバツに出場する23人の「高卒即プロ入り」が狙える逸材たち! 登場日、注目ポイントを徹底解説!

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>