Column

高卒4年目・中森俊介(ロッテ)がついに台頭!明石商時代に見えた“野心家”の一面【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.11】

2024.03.17


明石商時代の中森 俊介

皆さん、こんにちは!!
『高校野球ドットコム』の河嶋 宗一です。私・河嶋が「これまでグラウンドで見てきた感動シーン」(略して『グラカン』)をみなさまにお届けしています!
3月18日より第96回選抜高等学校野球大会が開幕します。私も甲子園入りし、この大会を取材させていただきます。よろしくお願いいたします!

今回は2019年のセンバツでベスト4入りしたロッテの中森 俊介投手(明石商)を紹介したいと思います。

16日のオリックス戦では3回無失点の好投。2月からの実戦では12回を投げ、4失点と順調な仕上がりを見せています。中森投手は高橋 宏斗投手(中京大中京-中日)、山下 舜平大投手(福岡大大濠-オリックス)と同世代で、高校時代は世代の顔というべき投手でした。

狭間監督も絶賛する人間性で順調にステップアップ

中森投手は篠山東中出身で軟式野球部に所属。軟式ながら最速138キロのストレートを投げる本格派右腕として注目され、中学2年冬に明石商の練習を見学し、明石商の選手たちの体の大きさ、キビキビとした行動に惹かれ、進学を決断。

1年春からベンチ入りし、1年夏には甲子園出場。最速145キロを投げ込み、スーパー1年生として注目を浴びるようになります。そして1年秋も近畿大会決勝戦まで勝ち進み、センバツ出場も実現します。

2019年の選抜直前のインタビューで、狭間 善徳監督は中森投手の人柄をたたえていました。
「中森はコツコツとやれる男でねぇ。1年春から公式戦で投げてますけど、天狗になって驕ることもないですし、高校野球のもっと上を見据えて日々、野球と向き合っている。意識が高いからオフシーズンの体重の増え方もすごいです」
さらに学業成績も優秀で、ほぼオール5だったようです。

中森投手も3年間の目標についてこう語っていました。
「高校入学前に『3年間で甲子園に5回出る』という目標を設定し、頑張ってきたのですが、1年夏、2年春のチャンスはものにすることができました。残りのチャンスは3回ですが、すべて甲子園に出たいです。そして野球を始めた時からずっと憧れてきたプロ野球の世界に高卒で飛び込みたい。できることならドラフト1位でいきたいです」

真面目な性格ながら、野心家の一面がありました。

そしてセンバツでは全4試合に登板し、計31回3分の2を投げ、3完投、30奪三振を記録。1年夏から大きく成長した中森投手は140キロ中盤の速球、多彩な変化球を操る投球の完成度は群を抜いており、スカウト陣の評価を高めます。

2年夏にも甲子園に出場して、ベスト4入り。全国の強豪校相手にも快投を見せる中森投手の評価はさらに高まり、2年秋の近畿大会で準々決勝で大阪桐蔭に敗れますが、試合内容としてはほぼ互角で、20年のセンバツ出場はほぼ確実。同学年のスラッガー・来田 涼斗外野手(オリックス)とともに大会の顔として注目されており、19年冬は連日、取材対応をしていたといいます。

実際に私も19年12月に取材をしたのですが、他媒体の記者と一緒に取材する形になりました。

明石商時代 インタビューに応じた中森俊介

次のページ:投手としては申し分ない実力があるものの、1点気になったのは…

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.15

【広島】広陵は祇園北と、広島新庄は崇徳と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>