News

専修大に名門校主力が一挙入学!仙台育英準優勝二塁手、大阪桐蔭の2番打者と140キロ右腕、MLB選手の息子ら豪華絢爛!

2024.02.22


左から青野流果(専大松戸)、山田太成(大阪桐蔭)、平野大地(専大松戸)、住吉孝雄(仙台育英)

東都2部の専修大の新入生が発表された。今年も全国レベルの選手たちが入部している。

151キロ右腕・平野 大地投手(専大松戸)が入学。入寮時、昨秋にトミージョン手術したことが報じられたが、しっかりとリハビリを行い、エース候補へ成長したい。

青野 流果投手(専大松戸)は平野が投げられない間、リリーフエースとして大活躍した実戦派サイド。130キロ後半の速球、スライダー、ツーシームをコーナーへきっちりと投げ分け打たせて取る投球を見せる。井上 颯太投手(丹生)は22年センバツに出場。最速145キロの直球はキレがあり、手元で小さく切れるスライダーで三振を奪う本格派左腕だ。

多田 結祐投手(健大高崎)は右スリークォーターから140キロ前半の速球、切れのあるスライダーを武器とする。ゲームメイク能力も高く、昨春の関東大会優勝に貢献した。

玉木 稜真投手(東海大星翔)は右サイドから最速146キロの速球、鋭い曲がりを見せるスライダーを武器に熊本大会を勝ち抜き、昨夏の甲子園に出場した。

福盛 大和投手(創成館)は楽天で投手として活躍した福盛 和男氏の長男。昨夏の甲子園にも出場し、130キロ後半の速球をコーナーヘと投げ分け、打たせて取る投球が持ち味だ。

松井 弘樹投手(大阪桐蔭)はリリーフとして活躍した右のサイドハンド。140キロ前半の速球は威力があり、苦しい場面でも自分の持ち味を発揮できる精神力の強さを持っている。

大森 准弥内野手(専大松戸)は春夏連続出場を経験した巧打堅守のセカンド。住石 孝雄内野手(仙台育英)はセカンドのレギュラーとして、甲子園準優勝を経験した。廣﨑 漣外野手(浜松開誠館)は昨夏の甲子園出場を経験した強打の外野手。豪快なスイングで長打を量産し、投げては140キロ近い速球を投げて好リリーフを見せる。

山田 太成外野手(大阪桐蔭)は主に2番打者として活躍。バットコントロールが非常に優れ、球際が強い外野守備、ベースランニングもうまく、走攻守三拍子揃っている。

次のページ:専修大野球部 新入生一覧

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

1 Comment

  1. 間違えていますよ

    2024-02-23 at 12:40 AM

    山田太成選手の写真じゃないですよ!この選手は立教の村本選手ですよ!

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】