News

浅野翔吾、過去の巨人高卒ドラ1の明暗を分けた「勝負の2年目」へ!

2023.12.20


腰を痛めた影響でリハビリを続けていた巨人・浅野 翔吾外野手(高松商出身)が、ティー打撃を再開したと報じられた。浅野は昨年のドラフト会議で1位指名を受け、高松商(香川)から巨人へと入団した。今シーズンは高卒ルーキーながら、1軍で24試合に出場し、プロ初安打だけでなく、初本塁打も記録した。2年目となる来シーズンは、1軍定着からのレギュラー取りを目指していきたいところだろう。

巨人の高卒ドラフト1位指名選手は、1989年(平成元)以降、浅野を含めて7人いた。金の卵たちは高卒2年目に、1軍でどのような成績を残していたのだろうか。振り返ってみたい。

高卒2年目ながらレギュラーをガッチリとつかんだのが、松井秀喜と坂本 勇人内野手(光星学院出身)の2人だった。1年目に57試合の出場で11本塁打と、すでに大器の片鱗を見せていた松井は、2年目に全試合出場を達成。打率.294、20本塁打と、しっかり結果を残し、伝説となっている中日との「10.8決戦」でも一発を放っている。

一方の坂本は、1年目の出場はわずかに4試合。プロ初ヒットこそ放ったものの、ホームランを打つことはできなかった。それにも関わらず、2年目に開幕スタメンに抜擢されると、二岡智宏の負傷もありレギュラーに定着。全144試合に出場し打率.257、8本塁打の成績を残した。今の坂本の成績からすると、物足りなく映るかもしれないが、高卒2年目の遊撃手でこの成績は、文句のつけようもなかった。

現在の主砲である岡本 和真内野手(智辯学園出身)は、ルーキーイヤーにプロ初ホームランを記録していたものの、2年目はわずか3試合の出場で、ホームランはなし。打率も1割と低迷し、1軍定着とはならなかった。

現在、DeNAでプレーする大田 泰示外野手(東海大相模出身)も、2年目は2試合の出場のみでノーヒット。結果を出すことはできなかった。

原 俊介藤村 大介の両選手は1軍での出場はなかった。

浅野は、松井や坂本のように高卒2年目からレギュラーの座をつかみ、主力選手への階段を駆け上がって行くことができるだろうか。外野の一角を狙う浅野から、目が離せない。

【動画】【No.1スラッガー候補】左打ちでもこんなに飛ばすの!?プロ注目・浅野翔吾(高松商)のロングティーが凄い…

<巨人の高卒ドラフト1位野手の2年目成績>
※平成元年(1989年以降)

松井 秀喜(星稜→1992年1位)
130試合 打率.294(503打数148安打) 20本
原 俊介東海大相模→1995年1位)
1軍出場なし
坂本 勇人光星学院→2006年高校生1巡)
144試合 打率.257(521打数134安打) 8本
藤村 大介熊本工→2007年高校生1巡)
1軍出場なし
大田 泰示東海大相模→2008年1位)
2試合 打率.000(6打数0安打) 0本
岡本 和真智辯学園→2014年1位)
3試合 打率.100(10打数1安打) 0本
浅野 翔吾高松商→2022年1位)

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.08

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08

【神奈川】夏のシードをかけた3回戦は13日、8会場で開催

2024.04.08

【愛知】9日に県大会抽選会、50チームの頂点はどのチームか

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>