News

松井裕樹5年40億でパドレス入り、東克樹は300%UP…1995年生まれ主要選手の年俸事情

2023.12.26


松井 裕樹・東 克樹

楽天から海外FA権を行使してメジャー入りを目指していた松井 裕樹投手(桐光学園出身)が、パドレスと5年総額で日本円にして約40億円の契約を交わした。(金額はすべて推定)

松井は来季、20代最後となる29歳を迎えるシーズンになる。24日現在で、松井と「同い年」となる1995年度生まれの主な選手の来季の年俸を調べてみた。

最高額は、松井と同じく13年ドラフトで西武1位だった森 友哉捕手(大阪桐蔭出身)。オリックスに移籍した今季は攻守に活躍し、4年契約の2年目となる来季の年俸は1億9000万円アップの4億円で更改した。

ヤクルトの田口 麗斗投手(広島新庄出身)はFA権を行使せず、残留することを決めたもようで、8800万円からの倍増となる年俸で、複数年契約を提示されているとされている。

今シーズン最もブレークしたのがDeNA・東 克樹投手(愛工大名電出身)。16勝、勝率.842で最多勝&最高勝率のタイトルを獲得し、ベストナイン、ゴールデングラブ賞も受賞した。年俸は2610万円から7890万円アップの1億500万円と、「1億円プレーヤー」の仲間入りを果たした。

リーグ3連覇を果たしたオリックスでは、若月 健矢捕手(花咲徳栄出身)が、7200万円アップの1億2000万円。山岡 泰輔投手(瀬戸内出身)が、1000万円アップの9000万円で更改している。

楽天の小深田 大翔内野手(神戸国際大附出身)は、3500万円アップの8500万円。盗塁王のタイトルを獲得するなど、今季は成長著しいシーズンだった。

ソフトバンクから戦力外通告を受けていた上林 誠知外野手(仙台育英出身)は、中日への入団が決まり、2000万円の年俸で契約した。3750万円からのダウンにも、新天地での活躍に期待がかかる。

その他、ソフトバンクから阪神に移籍した大竹 耕太郎済々黌出身)が4700万円アップの6700万円と大幅アップを手にした。

松井ほどの「出世」とはいかないまでも、来年20代最後のシーズンとなる男たちの頑張りにも期待したい。

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

根尾 昂、一軍昇格へ準備着々! 盤石・中日投手陣に割って入れるか?

2024.04.17

【茨城】土浦日大と明秀日立が同ブロックに!選抜出場の常総学院は勝田工と対戦!<春季県大会組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード