News

【センバツ21世紀枠】過去23年の最多出場は東北地区14回! 選出ゼロは13県、あの野球王国も…<地区・都道府県別データ>

2023.11.23


面本和輝(鎌倉学園)

来年春の第96回選抜高校野球大会は3月18日に開幕。1月26日に選考会が行われ、出場校が決まる。
2001年から始まった21世紀枠は、12月8日に決定する地区推薦校9校のなかから選出されることになる。前年までは東西1枠ずつに、全国で1枠の3枠だったが、今年は地域性関係なく選ばれることになる。今年の選出地域が気になるところだ。

これまでの地区ごとの21世紀枠選出校数は以下の通り。

14 東北
10 四国
8 近畿
8 九州
6 関東・東京
5 北信越
5 中国
4 北海道
4 東海
東北が一番多く、その中では福島が23年の只見を含め4校と最も多い。全国都道府県別の選出では、福島と並ぶ4校が選出されているのが北海道、島根、徳島。次いで3校が岩手、宮城、和歌山、兵庫となっている。

逆に過去1度も21世紀枠選出がないのは、群馬、埼玉、神奈川、長野、三重、京都、奈良、大阪、岡山、鳥取、広島、福岡、長崎と13府県にも上る。おまけに、神奈川と岡山は、地区推薦校にも選ばれたことがない。これまで21世紀枠にはほど遠い県となってしまっている。私立勢が強く、公立勢がなかなか台頭しにくい神奈川は、ある程度納得できる部分はあるが、岡山は意外だった。過去、中国地区からは島根(4校)、山口(1校)の2県からしか選出されていない。他県に「強力なライバル」が多いということの裏返しかもしれない。

岩手はこれまで地区推薦は3度あるが、すべて21世紀枠に選出された。逆に、三重は8度、地区推薦を受けた高校がありながら、1度も21世紀枠に選出されない悲しい結果となっている。

熊本のように、県でたった1度地区推薦を受けた熊本西が、2019年センバツの21世紀枠に選ばれた例もある。今年は初めて選出される都府県の誕生があるかもしれない。

【2024年センバツ各都道府県の21世紀枠推薦校一覧】
(★は私立)
【北海道】 (12月8日発表)

【東北】
青森 弘前南
岩手 水沢工
秋田 大館桂桜
山形 山形南
宮城 仙台一
福島 光南

【関東・東京】
茨城 水戸一
栃木 佐野
群馬 明和県央
埼玉 坂戸
山梨 吉田
千葉 千葉商科大付★
東京 日大二
神奈川 鎌倉学園

【北信越】
長野 赤穂
新潟 六日町
富山 富山北部
石川 金沢桜丘
福井 若狭

【東海】
静岡 浜松城北工
愛知 小牧南
岐阜 帝京可児★
三重 桑名工

【近畿】
滋賀 草津東
京都 京都精華★
奈良 奈良北
和歌山 田辺
大阪 興国★
兵庫 尼崎工

【中国】
岡山 岡山城東
鳥取 鳥取東
広島 庄原実
島根 津和野
山口 下関西

【四国】
香川 大手前高松
愛媛 大洲
徳島 徳島科学技術
高知 宿毛工

【九州】
福岡 春日
佐賀 神埼
長崎 対馬・上対馬・壱岐商
熊本 必由館
大分 別府翔青
宮崎 日南
鹿児島 鶴丸
沖縄 宜野座

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード