News

健大高崎・石垣元気が150キロ! 高校2年投手の150キロ超えは安樂以来、11年ぶり!【2024年センバツ 140キロ超え投手一覧】

2024.03.31


石垣 元気(健大高崎)※写真は過去の取材より

第96回選抜高等学校野球大会は準決勝を終えた。140キロ超えは26人、145キロ以上は10人に達した。

最速は石垣 元気投手(健大高崎)の150キロ。準決勝の星稜戦の3回裏、4番萩原 獅士内野手(3年)の初球でマークした。
高校2年生右腕の150キロ超えは、13年の選抜で最速152キロをマークした済美・安樂 智大投手(楽天-レッドデビルズ)以来、11年ぶり。150キロ超えに石垣は「目標としていたスピードなので、嬉しい」と笑顔を見せた。

大阪桐蔭平嶋 桂知投手(3年)は最速149キロ、報徳学園今朝丸 裕喜投手(3年)は最速148キロ、青森山田関 浩一郎投手(3年)は最速147キロと、ドラフト候補に挙がる本格派右腕が140キロ後半の速球を投げ込んだ。

左腕の140キロ到達は八戸学院光星洗平 比呂投手(3年)、健大高崎佐藤 龍月投手(2年)の2人のみ。洗平は最速143キロ、佐藤は最速141キロだった。

次のページ:大会10日目までの140キロ超え投手一覧

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.26

【春季近畿大会】大阪学院大高のプロ注目ショート・今坂幸暉は3打数無安打。「第1打席がすべて」と悔やむも好守備に手応え

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.25

【長崎】鎮西学院と大村工が敗者復活から勝ち上がって本大会へ<NHK杯地区予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商