News

19年日本一を達成した履正社主力選手の現在地 NPB2人、社会人3人が継続へ

2023.12.20


桃谷惟吹と井上広大

野球シーズンが終わり、アマチュア球界では進路が発表され始めた。強豪チームで継続する選手もいれば、2023年をもって野球界を離れる選手もいることで、嬉しさと寂しさを感じる人もいるだろう。

4年前の夏の甲子園を制した履正社の決勝戦スタメン選手たちも続々と進路が発表されてきた。
当時、決勝の星稜戦(石川)でエース・奥川 恭伸投手(現ヤクルト)からホームランを放った井上 広大外野手は阪神、さらに3番に座った当時2年生・小深田 大地は横浜DeNAで奮闘中。1軍定着を目指して2024年シーズンもプレーする。

残り7人はアマチュア野球で継続しているが、当時主将だった野口 海音捕手だけ、卒業後は社会人野球へ。大阪ガスに入って切磋琢磨している。

その他は大学野球に進んだが、当時1番打者として活躍した桃谷 惟吹外野手はヤマハへ。立命館大進学後、3年生の秋に大学代表候補合宿に呼ばれるなど、大学でも実力を見せたスラッガーが、社会人でも活躍なるか。

さらに5番打者として2安打をマークした龍谷大・内倉 一冴内野手は日本製鉄瀬戸内に進むことが発表されている。

当時エースだった早稲田大・清水 大成投手や、明治大・西川 黎外野手、大阪体育大・野上 聖喜内野手は、今後についてまだ発表はない。動向には注目したいところだが、野球に限らず、次のステージでも活躍することを楽しみにしたい。

【決勝・星稜戦のスタメン】
1番(中)桃谷 惟吹:ヤマハ入社予定
2番(二)池田 凛:明治大
3番(三)小深田 大地:横浜DeNA
4番(右)井上 広大:阪神
5番(一)内倉 一冴:日本製鉄瀬戸内入社予定
6番(左)西川 黎:明治大卒業予定
7番(捕)野口 海音:大阪ガス
8番(遊)野上 聖喜:大阪体育大卒業予定
9番(投)清水 大成:早稲田大卒業予定

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.27

【福岡】飯塚、鞍手、北筑などがベスト16入り<春季大会の結果>

2024.03.27

青森山田がミラクルサヨナラ劇で初8強、広陵・髙尾が力尽きる

2024.03.27

【神奈川】慶應義塾、横浜、星槎国際湘南、東海大相模などが勝利<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.27

中央学院が2戦連続2ケタ安打でセンバツ初8強、宇治山田商の反撃届かず

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.22

報徳学園が延長10回タイブレークで逆転サヨナラ勝ち、愛工大名電・伊東の粘投も報われず

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】