News

山本由伸、ヤンキース入りなら千賀との「サブウェイシリーズ」対決実現! 日本での対戦成績は?

2023.12.20


オリックスからメジャー移籍を目指している山本 由伸投手(都城高出身)が、移籍チーム決定へ秒読み段階に入っているとされている。大谷 翔平(花巻東出身)も面談に加わったドジャースなのか、本命と言われているヤンキースなのか。ここにきて、ヤンキースと同じニューヨークが本拠地のメッツも対抗馬として挙げられている。

大谷に負けじ?と、メッツに今季から加入した千賀 滉大投手(蒲郡高出身)が「山本をチームメートにしてほしい」と首脳陣に懇願したとの報道もあった。同じ右腕として、互いに認め合っている仲だからこそのラブコールなのだろう。

山本がメッツに移籍すればチームメートになるが、ヤンキース移籍となると話は真逆となる。メジャーのインターリーグ(交流戦)でのメッツとヤンキースの対戦は「サブウェイシリーズ」とも呼ばれ、互いに意識する戦いとなる。ファンも選手も熱くなる。千賀と山本が直接対戦となれば、負けられない戦いを強いられることになる。

この2人、NPBでは2020年に先発として4度対戦している。最初の2戦は千賀が勝利し、3戦目からは山本が連勝した。最初の試合では山本に負けがついていないため、対戦成績としては山本の2勝1敗、千賀の2勝2敗。わずかに山本が上をいった。

シーズン終盤の9月22日の試合はオリックスが1対0で勝利した。山本はソフトバンク相手に7回3安打無失点。千賀は8回を5安打わずか1失点に抑えたが、負け投手となった。その1失点は、2回に吉田 正尚外野手(敦賀気比出身、現・レッドソックス)に打たれたソロだった。今、考えれば、なんと豪華な試合だったか。

千賀はこのシーズンで最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振のタイトルを獲得。「投手3冠」を達成し、希望していたメジャー挑戦への道を切り開いた。山本は先発転向2年目で、千賀と奪三振タイトルを分け合っている。21年からは、ご存じの通り3年連続の「投手4冠」と黄金時代を築いた。両投手はまさにライバル球団でしのぎを削り、互いに高め合ってきた。

「サブウェイシリーズ」は、もともとワールドシリーズでの対戦で用いられた言葉だった。その大舞台で、千賀VS山本の対決が実現するかもしれない。日本人として、ワクワクが止まらない。

【2020年「千賀VS山本」の対戦】
8月11日(ペイペイドーム)ソフトバンク8-7オリックス
○千賀 6回 5安打 9奪三振 6失点(自責0)
山本 5回 6安打 5奪三振 5失点(自責5)

8月25日(ペイペイドーム)ソフトバンク4-0オリックス
●山本 6回 4安打 6奪三振 2失点(自責2)
○千賀 7回 2安打 9奪三振 0失点(自責0)

9月1日(京セラドーム大阪)オリックス5-0ソフトバンク
●千賀 6.2回 5安打 6奪三振 4失点(自責4)
○山本 7回 2安打 7奪三振 0失点(自責0)

9月22日(ペイペイドーム)オリックス1-0ソフトバンク
○山本 7回 3安打 7奪三振 0失点(自責0)
●千賀 8回 5安打 9奪三振 1失点(自責1)

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.18

【岡山】センバツ出場の創志学園は2回戦から登場! 2回戦で昨年夏の決勝戦と同じカードが実現の可能性も!<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード