News

山本由伸427億でドジャースへ! 最強投手の原点は「走り込みを辞めたこと」

2023.12.23


山本由伸

オリックス・山本 由伸投手(都城)がドジャースと契約を結んだことが報じられている。12年総額427億円。大谷 翔平投手(花巻東)と同じチームという日本の野球ファンにとっては痺れる展開になった。

日本では3年連続MVP&沢村賞を受賞し、球界を代表する投手となった山本。
高校1年生の頃の山本は細身で最速が140キロ弱。ほとんどが130キロ台だった。その冬に取り組んだトレーニング改革が高校時代の最速である151キロにつながり、飛躍の原点になった。
ターニングポイントとなった高校時代の取り組みを改めて振り返りたい。

(インタビュー初掲2022年3月25日)

***********************************

山本は中学時代、岡山県の東岡山ボーイズでは二塁手をメインとしながら、投手もこなしていた。「2試合目で投げる感じの位置づけでした」と振り返るが、それでも都城高では1年夏から登板できたほどの投手なので、非凡な能力があったのだろう。野手からのスタートだったのは、本人の希望もあった。

「高校に入る時に、投手、野手、どっちが好きなの?と聞かれて、どっちも好きなので、どっちもやりたいですということで、まずは両方やることになりました。高校に入ってからサードで出させてもらいながら、練習試合で登板をさせてもらうこともありました」

どちらの役割でも試合に出場していたのが、投手メインで試合出場するようになったのは、当時のチーム事情で山本が投手に専念することになったからだ。

与えられた試合で着実に結果を残した山本は、秋には主戦として任されるようになる。秋では県ベスト4、1年生大会でも準優勝。打たれた悔しさもあったが、「大会前、初めてエース番号を渡されたときは嬉しかったです」と当時を振り返る。

このときは最速140キロほどで常時135キロ前後。高校1年生投手としては非凡な物を持っているが、そこから高校2年で151キロと、一気に高校球界トップクラスの球速を誇り、浜地 真澄投手(福岡大大濠ー阪神)、梅野 雄吾投手(九産大九産ーヤクルト)、太田 龍投手(れいめいーJR東日本ー巨人)とともに、九州四天王と呼ばれるまでになった進化の秘密はオフのトレーニングにあった。

まず体重を増やした。入学当初、63キロだったがハードな練習の影響で、夏は58キロまで落ちていた。これでは当然パワーが出るはずもない。それでも素質の高さで140キロ前後の速球を投げていた。NPBのスカウトは目をつけていた。

「ある試合の前の試合で投げていたのが、当時、宮崎県で好投手として注目されていた横山 楓さん(宮崎学園ー國學院大ーセガサミーーオリックス)です。スカウトの方は横山さんが投げた試合のあとにも残っていて、僕のことも見てもらったようで、監督から『細すぎるって言ってたぞ』と言われて、そこから頑張ってたくさん食べて、増量して球が速くなりました」

食トレとして、1日4食とっていたというが、その1食にどんぶり3杯食べていたという。当時の監督が厳しかったため、山本は精いっぱい、口に運んだ。

またトレーニング内容の変化もあった。それはランメニューの変化だった。

合理的なメニューの改善により、球速が大幅アップ

高校時代の山本由伸(都城出身)

当時の都城高は走るメニューが多く、特にその内容は壮絶なものだった。

「分間走という30分走って、20分走って、15分走って、10分走って、7分走るのを毎日やっていました。とにかくきつかったですね。ほぼダイエットだと思います」

もちろんランメニューは野球選手にとっては大事ではあるが、そこに「合理性」が伴わなければ、山本がいう「ダイエット」となってしまう。

ただ1年の冬からメニューの改善があった。

「当時の監督さんがトレーニングメニューを勉強をされていたようで、分間走がなくなって、50メートル走やショートダッシュも取り入れて、メディシンボールを使ったり、ピッチャーメニューも入り出して、良い感じになりました」

つまりただ走り込むだけというメニューから投手に必要な適切な短距離走などのメニューを取り入れたことにより、食トレをしていた時期もうまく合わさって最終的に高校時代の体重は78キロに達した。

エンジンが大きくなっていくとともに投手として必要な筋肉を身につけていき、ついに151キロという球速を手にしたのであった。

ダイエットになるような走り込みはしない。体重を増やす生活を送る。そして必要なトレーニングを毎日こなす。その積み重ねで球速がアップした成功体験は、後のプロ野球人生に生きることになる。

この時、高校時代の監督に教わった投球フォームに対する考えが大きく今に生きている。

「基本的には自分のフォームを重視して、いじりすぎず、監督からはイメージや体重移動、バランスを教えてもらいました。高校時代の時はとにかくバランスを大事にしていました。捕手に対して、真っ直ぐ投げるイメージで投げなさいと言われていたので、調子が悪い時こそそれをイメージして投げていました。」

このアドバイスは不調な時こそ生きた。
「調子が悪い時こそバランスが大事という意識ができたので、修正も多少できるようになりましたし、良い教えだったと思います。」

野球が分かる人ならば、高校時代の山本の投球フォームの連続写真を見れば、キレイで技術力が高いフォームだと思う方も多いはずだ。事実、オリックス側も山本の能力、将来性を高く評価し、4位指名を受け、プロ野球人生の夢を叶えた。

オリックスでも今のフォームに改造して、飛躍につなげるが、高校時代の取り組みの変革がなければ、プロ野球選手になる道はなかったかもしれない。

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.23

大阪桐蔭2年生・中野大虎のフォークがエグすぎた 「高校生レベルのボールじゃない」【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.23

【福岡】福岡がタイブレークの末に初戦を突破<春季大会の結果>

2024.03.23

【春季鹿児島大会】ラ・サールが序盤の6点差をはね返す大逆転劇!

2024.03.18

進学校対決は、「恐るべき9番打者」の活躍で青稜に軍配!【東京春季大会一次予選】

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.19

遂に適用される新基準バット 企画・開発担当者が込めた思い 「安心して使ってもらたい」

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.18

復活をかける「元・都立の星」東大和、部員12人でコールド発進!【東京春季大会一次予選】

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>