試合レポート

142球・5四球の大荒れ! それでも広島1位常廣は完投勝利で底力発揮! 青山学院大、春秋連覇へ王手<明治神宮大会・大学の部>

2023.11.20


 神宮大会準決勝を迎えた青山学院大は先発に広島ドラフト1位の常廣 羽也斗投手(大分舞鶴)を先発に立てた。強力打線の富士大相手に常廣は粘り強い投球。ストレートは最速150キロをマークしたものの、引っ掛けてボールになったり、生命線であるフォークが抜けたり、引っ掛けることもあり、なかなか自分の投球ができなかった。それでも微調整を行いながら、富士大打線をしのいで抑えていく。6安打、5四球、142球。苦しい投球であったが、しのいで勝てたことは常廣の経験値を高める投球だった。
球数は多くなったが、「微調整している時は7割〜8割の力で投げるのでそれほど疲れはない。とにかく完投が出来てよかった」とスタミナは十分だった。
また、神宮大会はDH制がないため、投手も打席に立つ。DH制の東都だったため、リーグ戦終了から打撃練習を開始。最初はティーボールでさえも当てるのに苦労したが、この試合で見事な安打を放ち、スタンドを沸かせた。

「打撃練習をずっとやってきたので、打てたのは嬉しいです」と喜んだ。
7割〜8割の力でも、来年のドラフト候補が勢ぞろいの富士大に対し、3点に留める常廣の総合力の高さがわかる試合だった。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>