News

ヤクルト奥川、大きな自信をつけた防御率0.00の快投<思い出の明治神宮大会>

2023.11.18


あの右腕が来季の完全復活を目指している。ヤクルトの奥川 恭伸投手(星稜出身)は、右肘痛などから復活を目指し、11日に行われた四国IL愛媛との練習試合で登板し3回を無失点に抑えた。球速も154キロをマーク。完全復活へ、大きな手応えをつかんでいる。

奥川は星稜(石川)時代、2年春夏、3年春夏に甲子園を経験した。2年春にはベスト8、3年夏には準優勝の成績を収めているが、もうひとつ全国大会で大きな実績を残している。

2018年、2年の秋の明治神宮大会でチームを準優勝に導いた。奥川は初戦の広陵(中国)戦で先発し、7回をわずか3安打無失点に抑えて9対0の7回コールド勝ちに貢献した。奪った三振は11を数え、素材の高さを証明した。

続く高松商(四国)との準決勝では先発7回4安打1失点(自責0)。奪った三振は12にも上った。決勝の札幌大谷(北海道)戦は、1対2と逆転を許した後の7回途中からマウンドへ。打者4人を3奪三振を含め完全に抑える好投を見せた。チームは惜しくも準優勝に終わったが、奥川自身は3試合15.1回を投げて26奪三振、防御率は0.00。大きな自信をつかんだ大会だった。

翌年の夏甲子園では星稜を準優勝に導く快投を見せ、秋には神宮を本拠地とするヤクルトからドラフト1位指名を受けた。明治神宮大会の活躍は、その後の奥川の人生を飛躍させることになったことは間違いない。

プロ2年目となった2021年には18試合に先発し9勝(4敗)を挙げ、チームのリーグ優勝、日本一に貢献し、大ブレークした。来季は、再び神宮球場で躍動する奥川を見たいものだ。

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード