試合レポート

ドラ1候補同士の激突は金丸(関西大)に軍配!宗山(明治大)を3球三振に斬って取る!【大学日本代表練習試合第一試合】

2023.12.03


金丸 夢斗(関西大)

大学日本代表候補の強化試合のメインイベントである紅白戦が行われた。今回は従来の紅白戦と違い、3チームに分かれて編成。そして投手は2イニングで、1回あたり最大25球。25球に達した時点で、その回は強制終了(途中で終わった打者はカウント0−0から継続)というルールで行われた。

第1試合はAチームvsBチームの対決は2対0でAチームが勝利を収めた。

この試合の注目はBチームの先発の金丸 夢斗(3年=関西大)だろう。最速153キロを誇る金丸は、152キロをマーク。2失点を喫したが、Aチームの3番・宗山 塁内野手(3年=明治大)を3球三振に仕留めるなど見せ場を作った。金丸は「点の取られ方は良くなかったですが、自分の武器である威力あるストレートを投げることができました」と内容には手応えを感じている様子だった。コンスタントに140キロ後半をマークしており、ストレートの勢いは絶品。そして金丸は余計な力が殆ど入っておらず、手元でぐっと伸びるストレートを投げ込んでいた。

この試合は佐藤 幻瑛投手(1年=仙台大)が最速153キロのストレート、スライダーをコンビネーションに2回無失点に抑え、紅白戦3試合で、全体3位となる最速を出していた。また登板5投手が無失点に抑え、好アピールに成功した。

打者陣では金丸から右中間を破る二塁打を放った清水 智裕捕手(3年=中部大)の打撃が目立った。速球投手に振り負けないスイングスピード、タイミングの取り方は非凡なものがあり、捕手としても強肩が光った。先制打を放った平野 裕亮外野手(3年=仙台大)もバットコントロールがよく、しぶとい打撃スタイルが持ち味。守備、走塁のバランスもよく、見応えがあった。

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.25

帝京大の新入生は指名漏れの履正社スラッガーや、日大三の強打のセンターなど好野手たちが一挙入学!

2024.02.25

安樂智大が渡る「メキシカンリーグ」の現実とは…「給料未払い」「武装警官」「トラックの荷台で移動」「1日でクビ」「最高月給は100万円」

2024.02.25

【センバツ出場32校紹介】21世紀枠で76年ぶり出場の田辺、智辯和歌山撃破の実力を聖地で発揮する

2024.02.25

【センバツドラフト候補・スーパー1年生編】大阪桐蔭が誇る怪物右腕、宮城大弥を彷彿とさせる健大高崎の超実戦派左腕、星稜のクレバー型捕手と超名門に逸材が集結!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!