News

スカウト集結の大学強化合宿が12月1日スタート!昨年は5人のドラ1が誕生!

2023.11.29


上田 希由翔(明治大)

野球日本代表「侍ジャパン」大学代表候補選手の強化合宿が12月1日から開催される。この合宿は2つの意味で重要で、まず1つが来年の代表を決める上で、首脳陣にアピールする機会になるということ。もう1つはドラフトへ向けてアピールする絶好の機会であり、ほぼ全球団のスカウトが集結する。

一番の注目は紅白戦。ドラフト候補同士の対決で、選手たちの実力を測る絶好の機会であり、ここでアピールすれば、評価が高まる。実際に去年の強化合宿でドラフト指名された選手は以下の通り。

【投手】
西舘 勇陽投手(花巻東-中央大)巨人1位
常廣 羽也斗投手(大分舞鶴-青山学院大)広島1位
松本 凌人投手(神戸国際大附-名城大)DeNA2位
細野 晴希投手(東亜学園-東洋大)日本ハム1位
武内 夏暉投手(八幡南-國學院大)西武1位
滝田 一希投手(寿都-星槎道都大)広島3位
【捕手】
進藤 勇也捕手(筑陽学園-上武大)日本ハム2位
【内野手】
上田 希由翔内野手(愛産大三河-明治大)ロッテ1位
辻本 倫太郎内野手(北海-仙台大)中日3位
石上 泰輝内野手(徳島商-東洋大)DeNA4位
廣瀬 隆太内野手(慶應義塾高-慶應大)ソフトバンク3位
【外野手】
宮崎 一樹外野手(山梨学院-山梨学院大)日本ハム3位
中島 大輔外野手(龍谷大平安-青山学院大)楽天6位

参加した45人中、計13人が指名され、そのうち1位が5人、しかもそれ以外は全員が本指名となっており、高い確率でプロ入りしている。もちろん最終学年でのアピールが「指名順位」に影響するのは間違いないが、ここでライバルたちに差をつけることができれば、最終学年はドラフト上位候補としてマークされる存在になる。

今回の強化合宿ではどの選手が一歩先をいく活躍を見せることができるか注目だ。

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?