News

最強育成球団・徳島ISが明かす「新入団3投手育成プラン」、ドラフト指名漏れから「ドラフト1位」を目指す秘策とは?

2023.11.28


「徳島に行けば、なんとかなる——」
球界で話題の圧倒的な育成力を誇る徳島インディゴソックス。11年連続ドラフト指名、2023年6人同時指名という偉業を成し遂げている同球団が27日、3人の選手の特別合格者(*)を発表した。今回で3度目の新入団選手発表により、計17人が新たに球団に加わり来年のドラフト指名に向けてしのぎを削ることとなる。
徳島の育成力を支えているのが、「鍛えて勝つ」という育成方針だ。球団が運営するトレーニング施設「インディゴトレーニングハウス」で、選手たちは徹底的にフィジカルを鍛える。同時にしっかりした理論をもとに技術をアップさせ、試合で高いパフォーマンスを実現。ドラフト指名に結び付けるのだ。
NPB入りを目指す3選手の育成プランについて、荒井健司・球団オーナー兼GMに聞いた。
(*特別合格者とはトライアウトとは別に、個人に合格通知が伝えられた選手のことを言う)

篠崎 国忠「日本を代表する投手に」
篠崎 国忠投手(修徳)は192センチで最速148キロ右腕。メジャーも注目した今年のドラフト候補だった。惜しくも指名漏れだったが、素材は一級品だ。
「スケールが大きい選手ですので、将来日本を代表するような投手に育ってもらいたいです。そのためには来シーズンでの完成を求めるのではなく、中長期目線長く野球をやるための心技体の土台を徹底的に、丁寧に、作っていければなと思っています。」(荒井オーナー兼GM・以下同)
善家 朗「投手と野手共にセンスが抜群!二刀流にも期待か⁉」
善家 朗投手(宇和島東)は、最速143キロの右腕。その類まれなセンスから投手も野手もできる万能さがウリ。プロのスカウトの間では野手としても評価が高かった。
「野球センスが抜群で、投手としても遊撃手をしても魅力的で可能性があります。いろいろな方向性を模索していきたいです。彼もまだまだ身体もできていないので、野球選手の前にアスリートとして、しっかり身体を作り、大きく育ってもらいたいと考えてます。」
宮路 悠良「ラストチャンスをかけた155キロ右腕」
宮路 悠良投手(東海大高輪-東海大学-ミキハウス)は最速155キロを誇る剛腕、160キロを投げるポテンシャルを秘めている。
「年齢的にも来年がラストチャンスになります。残された時間をしっかり意識して24時間を有効活用し、怪我せずに1年間突っ走ってもらえればと思います。来年25歳の歳ですがフィジカル的に伸びる要素を残しています。圧倒的な成績とまだまだ底知れぬポテンシャルを感じさせるパフォーマンスを期待します。」

第1次の特別合格者7名の詳細と育成プラン>はこちら
第2次の特別合格者7名の詳細と育成プラン>はこちら

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.27

指導者資格回復した清田育宏氏が語る将来の夢とロッテへの想い「子供たちに野球をやってよかった、と思える場所を作りたい」

2024.02.27

センバツ出場校に元U-15日本代表が8人!健大高崎の左腕、青森山田の三遊間は主力選手へ成長! 大阪桐蔭には3人が在籍!

2024.02.27

大阪高野連が今季の大会日程を発表!春の府大会は4月6日、夏の大阪大会は7月6日から開幕!【大会日程一覧】

2024.02.27

昨夏甲子園出場の北海のエース右腕・岡田 彗斗、大学準硬式を代表する左腕などが都市対抗4回出場の日本製鉄室蘭シャークスに加入!

2024.02.27

高卒3年目・髙木翔斗(広島)が開幕一軍へアピール!名門・県岐阜商唯一の現役選手!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.26

北陸の雄・金沢学院大学の新入生の経歴がすごい!U-18代表一次候補右腕、甲子園ベスト4の主将、甲子園ベスト8捕手などが入部!

2024.02.24

昨年ドラ1左腕を輩出した桐蔭横浜大が新入生を発表!作新学院の大型外野手、拓大紅陵のショートストップなど強豪校の逸材野手が加入予定!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!