試合レポート

ソフトバンク3位廣瀬が衝撃の2打席連続弾! 鋭い読みを発揮して慶應義塾大を2年ぶりの決勝へ導く<明治神宮大会・大学の部>

2023.11.20


慶應義塾大のスラッガー・廣瀬 隆太内野手(4年=慶應義塾)。東京六大学では通算20本塁打を記録しており、今年のドラフトではソフトバンクから3位指名を受けた廣瀬は即戦力として期待されるが、その理由は類まれな長打力を発揮できる勝負強さだろう。勝てば優勝が決まる今秋リーグ戦の第3戦では先制2ランを放ち、優勝に貢献した。
神宮大会の初戦・環太平洋大戦では1安打を放ち、「感覚自体は良い」と手応えを掴んだまま臨んだ準決勝・日本体育大戦。日本体育大の先発は来年のドラフト候補として注目される寺西 成騎投手(3年=星稜)。寺西は145キロ前後の速球、鋭く落ちるスプリットの投げ分けで、5回まで無失点。廣瀬も投ゴロ、三ゴロに抑えられていた。ただ廣瀬は打てる感覚があった。
「コントロールも良く、良い投手だと思ったんですけど、少しスプリットが抜け気味だったので、これはいけると思いました」
そして6回裏、二死1、2塁の場面で3打席目を迎えた。2ボールからの3球目。そのスプリットを捉えた打球はレフトが打球を追うのも諦める特大3ランで逆転に成功した。
廣瀬は打席の中でヤマを張ることはしていない。ただ対戦を重ね、またベンチから観察しながら、どういう球が甘いのかをインプットし、反応で打てる準備をしている。今回はスプリットが甘く入ることを想定してそれを逃さなかった廣瀬の読み勝ちといえるだろう。
日本体育大の高橋 健心捕手(4年=桐光学園)は、「甘く入ったのを簡単に行かれてさすがでした」と脱帽のコメントだった。
活躍はこれで終わらない。8回裏の第4打席は篠原 颯斗投手(2年=池田)から高めのストレートを捉え、弾丸ライナーでソロ本塁打。廣瀬は「感触が良かったのは、2本目です。打ったのは高めストレートで、どちらかという変化球より易しい感じなので、うまく打てました」と2本塁打4打点と、スラッガーとして申し分ないパフォーマンスだ。

2年ぶり決勝進出を決めた慶應義塾大の相手は今年の大学選手権優勝の青山学院大。「相手は格上ですので、自分たちは挑戦者のつもりでぶつかっていきたいと思います」と意気込んだが、阪神1位の下村 海翔投手(九州国際大付)、広島1位の常廣 羽也斗投手(大分舞鶴)のドラ1投手コンビの対戦になれば、神宮大会の歴史に名を残す名勝負になるかもしれない。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード