試合レポート

「痛恨5失策」大阪桐蔭の三連覇消える! 機先を制した関東一「初球の一撃」<明治神宮大会準々決勝>

2023.11.18


<第54回明治神宮野球大会:関東一9ー5大阪桐蔭>◇17日◇準々決勝◇神宮

関東一(東京)が大会3連覇を目指す大阪桐蔭(近畿)に挑んだ一戦。昼過ぎまで雨が降る予報もあり、試合開始が午前8時半から午後2時に変更になった。試合開始の時には雨も上がり、人工芝なので試合を行うことに問題はないが、グラウンドはかなりの水を含んでいた。

試合前のシートノック。関東一も高校生としてはかなりレベルが高い。けれども神宮球場で大阪桐蔭のボール回しをみていると、まるで大学のチームのような迫力があった。こうした相手に先制されると、ズルズルと引き離される恐れがある。関東一大阪桐蔭との相性も考え、緩急をつけた投球をする左腕の畠中 鉄心投手(2年)を先発させた。1回、畠中は第1球を96キロのスローボールを投げる。その後は130キロ台の直球といったように、大阪桐蔭を揺さぶる。大阪桐蔭の1番・境 亮陽外野手(2年)の打球を関東一の左翼手・坂本 慎太郎外野手(1年)が好捕したこともあり、3者凡退で切り抜ける。

大阪桐蔭はエースの平嶋 桂知投手(2年)が先発。その初球を関東一の1番・飛田 優悟外野手(2年)が中前安打にする。「先頭バッターを打ち取れなくて、悪いリズムになりました」と平嶋は言う。暴投と2番・成井 聡外野手(2年)の送りバントで飛田は三塁に進み、主将で4番の高橋 徹平内野手(2年)が内野安打を打って、関東一が1点を先制する。高橋は最近あまり当たっていなかったが、主将の先制適時打について米澤貴光監督は、「ずっと苦しんでいたので、解放された部分もあると思います」と語る。試合の流れを持ってくる意味でも、非常に価値のある1点であった。

大阪桐蔭は2回も関東一の右翼手・成井の好捕もあり、得点できない。

関東一は3回、四球の高橋を一塁に置いて、5番・熊谷 俊乃介捕手(2年)が左翼席に2ランを放ち2点を追加する。試合後、熊谷は「自分は守備のことしか考えていなかったので」と、本塁打の質問に当惑気味だった。それでも米澤監督は、「見事だったと思います」と高く評価した。

4回、2死から大阪桐蔭の4番ラマル・ギーセン・ラタナヤケ内野手(2年)が三塁打を放ち、5番・吉野 颯真内野手(1年)がセンターに大きな当たり。関東一の俊足の中堅手・飛田が背走して好捕した。

関東一は4回もこの回先頭の7番・市川が左前安打。8番・小島 想生内野手(2年)が送り市川が二塁に進んだところで、関東一は4回を無失点に抑えている9番の畠中に代打・堀江 泰祈捕手(2年)を送る。堀江は遊撃手への内野安打。さらに二塁走者の市川の飛び出しをみて遊撃手の賀川 陽日内野手(2年)は二塁に送球したが、これが暴投になり、市川が生還して関東一は1点を追加した。

畠中に代打を送ったため、5回から関東一は明治神宮大会から背番号1になった坂井 遼投手(2年)をマウンドに送る。坂井は5回を無失点に抑えたが、6回1死後、1番・境を四球で歩かせると、大阪桐蔭の猛攻が始まり、2番・吉田 翔輝外野手(2年)、3番・德丸 快晴外野手(2年)、4番・ラマルと3人続けて二塁打を放ち、3点を入れて追い上げる。

しかし、関東一はその裏すぐに突き放す。大阪桐蔭は投手を平嶋に代えて南 陽人投手(2年)をマウンドに送る。1死後、関東一は8番・小島が二塁打を放ち、9番・坂井の一ゴロが失策となり小島が生還する。さらに1番・飛田、2番・成井の連続安打で満塁となり、3番・坂本の三ゴロで大阪桐蔭の三塁手・ラマルの本塁送球がそれて、さらに1点を追加する。続く4番・高橋の中犠飛でさらに1点。続く熊谷の右前安打で三塁走者は生還したが、二塁走者は本塁で刺されて大阪桐蔭はさらなる追加点を阻んだ。

大阪桐蔭は8回、四球の德丸を一塁に置いて、4番・ラマルが豪快な2ランを放ち追い上げる。関東一はここで、坂井に代わり大後 武尊投手(2年)を投入。大後は大阪桐蔭の追い上げを食い止める。

その裏、関東一は6番・越後 駿祐内野手(1年)の右前安打を足掛かりに、敵失などもあり、さらに1点を追加して突き放す。9回は大後が四球の走者は出したものの、併殺で切り抜け、関東一大阪桐蔭を破る大金星を挙げた。この勝利に関東一の米澤監督は、「素直にうれしいです」と語る。

大阪桐蔭は、1度火がつけば手が付けられなくなるほどの、底知れぬパワーを感じる。関東一の熊谷捕手も「何を投げたらいいか、分からなかったです」と言うほどの迫力があった。けれども、失策が5もあれば、やはり試合では勝てない。水気を帯びた人工芝は、打球が独特の跳ね方をする。それに大阪桐蔭の野手はうまく対応できなかった。その点、関東一に「地の利」があったことも確かだ。グラウンドの状態が通常と違う時は、地の利が一層、物を言う。したがって、9対5というスコアが両校の力関係をそのまま表すものではない。それでも関東一は外野手がたびたびファンプレーをするなど、勝利を呼び込むプレーをしたことも確かだ。

大阪桐蔭の西谷浩一監督は、「近畿はうまく勝ち上がりましたけど、足りないところがありました」と語る。この敗戦で大阪桐蔭は、さらに強くなる可能性がある。

勝った関東一は、準決勝は作新学院(関東)と対戦。関東エリアの真の王者を決める戦いになる。

取材・文=大島 裕史

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.22

【センバツ出場32校紹介】30歳の青年監督とともに九州初優勝、熊本国府が「由伸投法」右腕とトルネード左腕を擁して初聖地挑む

2024.02.22

DeNA正捕手争いが激化中! 大阪桐蔭出身・松尾汐恩が高卒2年目で3試合連続安打!

2024.02.23

【熊本】昨夏優勝の東海大星翔がいきなり強豪・有明と対戦!さらに秀岳館と同ブロック!<春季大会組み合わせ>

2024.02.23

【宮崎】昨秋優勝の延岡学園は伝統校・宮崎商と対戦!昨秋4強の小林西vs昨夏甲子園出場の宮崎学園の好カードも!<春季大会組み合わせ>

2024.02.23

楽天1位の古謝樹を輩出した桐蔭横浜大の卒業生の進路を発表!徳島インディゴソックスに進んだ俊足野手はいきなり猛打賞の活躍!

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.17

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!