News

北海「夏2勝」の経験豊富な野手と「伸び盛り」投手陣で、打倒作新を狙う<明治神宮大会出場校紹介>

2023.11.13


第54回明治神宮野球大会が15日に開幕を迎える。北海道からは北海が13年ぶり4回目の出場を果たす。秋季北海道大会では宿敵・クラーク記念国際東海大札幌を下して優勝。来年春のセンバツへも大きく前進した伝統校を紹介する。

後半に勝負強さを発揮して優勝
試合後半に勝負を決めて勝ち上がってきた。全道大会では点差がついた試合は多かったが、準々決勝では5回以降に9得点、準決勝も1点リードの8回に4点を追加して突き放した。決勝に至っては、0対4で迎えた5回、6回に同点に追いつき、延長10タイブレークの末に10回に4点を奪って勝利している。中盤から終盤にかけて、北海打線が牙をむいて、つかんだ優勝だった。
★北海道大会の戦績
<札幌支部予選>
1回戦 16-2 札幌厚別(5回コールド)
2回戦 6-5 札幌日大
代表決定戦 17-0 札幌白石(5回コールド)
<全道大会>
2回戦 9-0 稚内大谷(7回コールド)
準々決勝 10-0 クラーク記念国際(7回コールド)
準決勝 6-1 別海
決勝 8-4 東海大札幌(延長10回)

夏甲子園2勝メンバーが1番から5番までズラリ
明治神宮大会出場を決めた秋季北海道大会決勝戦。スタメンの1番・片岡 誠亮外野手(2年)、2番・谷川 凌駕内野手(2年)、3番・幌村 魅影内野手(2年)、4番・宮下 温人外野手(2年)、5番・大石 広那捕手(2年)は、いずれも前チームからベンチ入りし、今夏の甲子園で2勝を経験した。片岡、谷川の1、2番コンビは前チームそのまま。大石も前チームからスタメンマスクを被った。宮下も下位打線でスタメン出場することもあった。経験豊富な5人がズラリと並ぶ打線は相手にとって脅威だ。
さらに全道大会で打率.643を誇って絶好調だったのが9番打者の吉井 天星内野手(1年)。4試合14打数9安打、打点もチームトップの10を稼いだ。さらに3四球を加えた出塁率は.706で、1番へのつなぎ役として役割を果たした。決勝では得点した5回、6回、10回すべてで安打を放って得点に貢献。実績ある5人に打率6割の9番打者を加えた打線は、強力な武器になる。

背番号1を目指して競争して成長した投手陣
背番号11の松田 収司投手(1年)が全道大会全4試合で登板。3試合で先発し、チームの優勝に貢献した。決勝では延長10回を見事に完投。4失点ながら4回以降は無失点に抑えるなど、成長した姿を見せた。178センチで体の線は細いが、腕をしならせ、体の柔軟性を生かしたフォームが特徴の右腕で、直球のキレと伸びで勝負する。
その他、全道大会では背番号10の右腕・新屋敷 寿也投手(2年)、背番号13の浅水 結翔投手(1年)が登板。新屋敷は準決勝で先発し8回途中1失点と好投した。平川敦監督は「背番号1をつける投手がいない」と、投手には背番号1を与えず、一塁手のレギュラー、主将の金澤 光流内野手(2年)が背番号1を付けている。投手陣がエースナンバー奪取争いをすることでレベルアップしてきたともいえる。
伸びしろたっぷりの投手陣と、経験豊富な野手陣が特徴の北海。明治神宮大会では、作新学院(関東=栃木)との初戦で、後半の勝負強さを発揮する。
今大会の出場校の分析、神宮大会の日程もチェック↓↓
【11月15日開幕】明治神宮大会出場10校 戦力完全分析!「秋の高校野球日本一」はどこだ!?
注目選手一覧<【明治神宮大会】高校生注目選手リスト34人!この1年、高校球>を読む界を引っ張るスターは誰だ!?>を読む

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード