試合レポート

【愛知】桜丘 vs 三好

2023.10.29


桜丘が粘る三好を振り切って、決勝進出を果たす

<第149回中日旗争奪全三河高校野球大会:桜丘4-2三好>◇28日◇準決勝◇豊橋市民
東三河地区では3強とも言われている私学勢の中で、この秋は豊川が県大会準優勝、豊橋中央も3位校となって東海大会進出を果たした。そういう中では、やや後塵を拝してしまったという形になった桜丘。それだけに、この大会ではスッキリと決勝進出を果たして存在をアピールしたいところでもある。
西三河地区の三好は、かつて母校刈谷を率いて夏の愛知大会準優勝まで導いた実績のある岡田泰次監督が率いる。就任3年目で、チーム力も充実してきているので、そろそろ、ある程度の実績を示す全三河のタイトルも欲しいところというのが本音でもあろうか。

桜丘は初回、先頭の遠藤 暉貴外野手(2年)が左前打で出ると、すかさず盗塁。内野ゴロで三塁まで進むと、4番・弓口 桂外野手(2年)の右前打でかえして先制。あっさりと1点が入ったが、その後は投手戦の様相で1対0のまま5回まで進んでいった。試合展開からも、次の1点が大きくモノを言うかなと思われたところだったが、6回に桜丘は先頭の3番・奥田 翔星投手(2年)が右越えへソロホーマーを放ってリードを広げた。

さらに7回にも、桜丘は2死走者なしから四球と遠藤の二塁打などで2点を追加していった。これで、桜丘としては、安心して試合を進めていかれるのかなとも思ったが、三好も9回に反撃。3番・麻田 瑛太内野手(1年)の二塁打に相手失策などもあって、2点を返して、なおも2死二、三塁で一打同点という場面までにもなった。ただ、ここから奥田投手が踏ん張ったのと、最後には三好にも走塁ミスなどがあって、結果としては、桜丘が逃げ切ったということになった。桜丘としては、必ずしもベストの戦いではなかったかもしれないけれども、こうして公式戦で勝ちを得ていくということではよかったということにはなるのではないだろうか。

桜丘の杉澤哲監督は、「今年の秋は、前のチームからほとんどメンバーが入れ替わったということもあって、夏から、なかなかチーム作りが上手くいかず、出遅れたというところはありました。投手の奥田にしても、夏までの前のチームでは遊撃手でしたからね。チーム構成としても、結果的には内野は1年生ばかりということになってしまいました。そうした中で、この大会で背番号をつけた公式戦を何試合かできるということで、チーム力を上げていかれればいいかなと思っています」全三河大会で決勝進出を果たしたことで、チームのステップをしていこうという思いでもあったということを語っていた。

結果としては、リードを返しきれなかった三好の岡田監督は、戦い方としては悔いはあった様子だった。「チームとしては、まだまだですね。投手陣はそんなに悪くはないと思っているのですが、攻撃面で言うと対応力のなさというか、そんなところが出でしまいました」と、結果的には攻めきれなかったことを悔いていた。
取材・文=手束 仁

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.06

【茨城】竜ヶ崎一が取手二と初戦で対戦<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.06

高尾響(広陵)の147キロ!新星・高橋(北照)が自己最速146キロをマーク!【高校日本代表一次候補 参加投手球速一覧】

2024.04.06

【愛知】誠信が優勝、県大会の出場校が出揃う<春季尾張地区予選結果>

2024.04.06

【春季東京都大会】高橋の2ランで先制した関東一が、駒大高の追撃をかわして3回戦進出

2024.04.06

【東京】東京が二松学舎大附を1点差で破る<春季都大会>

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?