試合レポート

【愛知】準決勝 誠信 vs 愛知黎明

2023.10.30


武政楓生(誠信)

誠信の1年生左腕が好投、1失点で愛知黎明を抑え決勝進出

<第136回愛知県全尾張大会:誠信6ー1愛知黎明>◇29日◇準決勝◇阿久比スポーツ村
尾張地区の強豪私学同士の対決となった、全尾張大会準決勝。尾張地区の中では、近年の実績としては、が頭1つリードしているという感じで、それを愛知啓成が追っているという構図になっている。この両校は、その2校を追いかけているという存在といっていいであろう。

誠信は前日の1回戦では、知多地区の進学校・半田と乱戦を戦い、何とか振り切ったという形で勝ち上がってきた。その前日は体育祭でもあり、選手たちもいくらか疲労が残っていたことも確かであろう。そんなこともあって、エースとして期待されている吉浦 楓馬投手(2年)も不調だったようだ。ということで、澤田英二監督は、この日は背番号10の1年生左腕・武政 楓生投手に託した。

その武政投手は、初回、立ち上がりにいきなり左前安打とバント安打で無死一、二塁というピンチとなった。それでも、そこをバント失敗と併殺などで凌ぐと、2回以降はすっかり自分の投球をして、終わってみたら9回で9安打こそ浴びたものの、1失点で逃げ切って完投した。「5回まで、持ってくれたらいいかなと思っていた」という澤田監督の期待を、いい意味で裏切ったとも言えようか。

誠信の攻撃は初回、先頭の竹中 海輝内野手(2年)が四球で出ると、バントで進め3番・鈴木 陸臣捕手(2年)が中前安打でつないで一、三塁とすると、4番・佐藤 光駿外野手(2年)の中犠飛で先制。さらに、2回には土屋 未来斗外野手(2年)が左越えソロを放って突き放す。これはマウンドの武政投手にとっても勇気を貰えるものとなった。

愛知黎明は5回に2死三塁から2番・丹下 侑也内野手(2年)の中前打で1点を返して食い下がる。しかし、誠信は6回にも死球の走者を置いて3番・鈴木の右中間三塁打で追加点。さらに代わった玉寄 斗和投手(1年)から佐藤がスクイズも決めて3点差とする。そして、8回にも誠信は中軸の連打などでさらに2点。愛知黎明の金城孝夫監督は、3人目として馬場 悠投手(1年)を送り出して何とか凌いだが、下位から始まる9回で5点差は苦しかった。

結局、9回も武政投手は自分の投球を崩すことなく、3人で抑えて完投した。必ずしも球威があるとか、スピードがあるというものではないけれども、1四球のみというこの日の記録からもわかるように、コントロールがあり、制球で崩れていくことがなかったというのも、大きな要因であろう。澤田監督は、「これは、本人にとっても自信になっていくのではないでしょうか。来春へ向けても、大いに希望の持てる好投だったと思っています」と評価していた。

誠信は現在、1年生19人、2年生16人という陣容だが、この大会で好結果を出すということも、地元の中学生球児たちへ向けては、いいアピールになっていったのではないだろうか。このまま武政投手が成長していけば、来春以降には、吉浦投手との2本柱ということにもなっていくであろう。そうなると、誠信も一目置かれる存在になっていくのではないだろうか。
取材・文=手束仁

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?