News

オリックス2位指名の聖カタリナ・河内、あの大エースを目指し京セラドーム大阪のマウンドへ!

2023.10.28


浮田宏行監督と手を合わせる聖カタリナ学園・河内康介(オリックス・バファローズ2巡目指名・投手)

26日に都内ホテルで開催されたプロ野球ドラフト会議で、甲子園出場未経験ながら最速150キロの低めに突き刺さる直球と、縦横2種類のスライダーで今夏の愛媛大会ベスト4入りを果たした聖カタリナ・河内 康介投手が、オリックスから2位指名を受けた。
同校を卒業する選手としては史上初のNPBドラフト指名だ。愛媛県内の高卒ドラフト指名としては、2021年ソフトバンク育成5位指名の田中 怜利ハモンド投手(帝京第五出身)以来、2年ぶり。支配下での指名となると、2018年ロッテ8位指名の土居 豪人投手(松山聖陵出身)以来5年ぶり。さらに2位以上では2014年楽天1位指名の安樂 智大投手(済美出身)以来、実に9年ぶりの快挙となった。

自分の運命が決まるまでは浮田 宏行監督らとともに別室で待機していた。「正直不安な気持ちでいっぱいだった」というが、指名数分後に会見場へ現れた後は、落ち着いた表情で「苦しい時期もあったが周りの方々に本当に支えて頂いた」と感謝の言葉を口にした。
憧れの投手を聞かれると、迷いなくオリックス、そして日本のエースである山本 由伸投手(都城高出身)の名前を挙げ「もしお会いできる機会があれば変化球を学びたい」と現在習得中のスプリットをはじめとする決め球のレベルアップにも貪欲な姿勢を見せた。
浮田監督も「何を相手は望んでいるのか解る感受性も持っているし、人間性も持っている」と太鼓判を押す。まずは「子どものころから何度も足を運んでいた」という京セラドーム大阪での1軍デビューを目指して、さらなる鍛錬に励む。
取材・文=寺下 友徳

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.06

【茨城】竜ヶ崎一が取手二と初戦で対戦<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.06

髙尾響(広陵)の147キロ!新星・高橋(北照)が自己最速146キロをマーク!【高校日本代表一次候補 参加投手球速一覧】

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.06

【愛知】誠信が優勝、県大会の出場校が出揃う<春季尾張地区予選結果>

2024.04.06

【春季東京都大会】高橋の2ランで先制した関東一が、駒大高の追撃をかわして3回戦進出

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?