News

広島2位・高太一(大商大)「まさかこんな高い順位で…」喜びが爆発

2023.10.27


胴上げされる高太一

26日に行われたプロ野球ドラフト会議で、大阪商業大の高 太一投手(広陵)が広島から2位指名を受けた。
先にチームメートの上田 大河投手(大阪商大高)が西武から2位指名を受けると、その数分後に高も名前を呼ばれた。「まさかこんなに高い順位で指名されるとは思っていなかった。先に上田が指名されたので、嬉しい気持ちと同様に不安な気持ちでいっぱいだったので、本当に嬉しいです」と素直な気持ちを語った。

愛媛県新居浜市出身の高は広陵に進学。入学当初は野手だったが、2年秋に投手に転向した。3年春の甲子園では背番号17でベンチ入りし、2回戦の東邦戦でリリーフ登板。この時の投球が富山陽一監督の目に留まり、大阪商業大に進学することになった。

高校時代は河野 佳投手(広島)や、今ドラフトでヤクルト3位に指名された石原 勇輝投手(明治大)の控えだったが、大学入学後に急成長。2年秋から主力投手となり、今年は上田との二枚看板でリーグ戦4連覇に貢献した。最速151キロの直球にスライダーやチェンジアップなどを投げる本格派左腕。「真っすぐのキレとインコースのコントロールをアピールしたい。与えられた役割をしっかりこなすのが一番の目標」と抱負を語った。

高校時代は「雲の存在」と思っていた河野と石原と同じ舞台に立つことになった高。「絶対に2人には負けない気持ちでやるだけですし、これから先も2人には刺激になると思うので、自分もその2人に刺激を与えられるような存在になりたいです」と同期で切磋琢磨することを誓っていた。

チームメートの上田とは違うリーグで戦うことになり、「日本シリーズや交流戦で投げ合った時には、絶対に負けないという気持ちを持っています」とキッパリ。2人で投げ合う日を心待ちにしたい。
高校時代は控えで、大学でも2年春のオープン戦で5回15失点の屈辱を味わうなど、苦しい立場から這い上がって、ドラフト2位でプロ入りを勝ち取った。「自分の持てるものを全て出して、必死に食らいついていこうと思います」と泥臭くプロの世界でも生きていく。
取材・文=馬場 遼

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>