News

「秋まではNo.1評価」158キロ左腕・細野晴希(東洋大)がまさかの「外れ外れ1位」、 その要因は?

2023.10.27


今回のドラフト会議でファンを驚かせたのが、今年のドラフトの目玉の1人とされていた158キロ左腕・細野 晴希投手(東亜学園-東洋大)がハズレハズレ1位だったことだ。最終的にロッテとの競合の末、日本ハムが交渉権を手にしたが、シーズン当初、NO.1とも言われていた細野にとっては悔しい評価になっただろう。

細野の評価が下がる兆候は秋のリーグ戦から考えられた。先発時、初回から置きに行く腕の振りになってしまい、コントロールを乱す場面が何度か見られたのだ。もちろんしっかりと腕が振れた時は150キロ前後のストレートで圧倒できるのだが、やはりNPBの世界では、同じ左投手でも常に安定して投球ができる、西武1位の武内  夏暉投手(1位で3球団競合・八幡南-國學院大)、そしてマウンド度胸があり、ハートも強いソフトバンク1位・前田 悠伍投手(外れ1位3球団競合・大阪桐蔭)らが人気になるのだろう。
この評価を覆す大活躍を期待したい!

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.06

【茨城】竜ヶ崎一が取手二と初戦で対戦<春季県大会地区予選組み合わせ>

2024.04.06

髙尾響(広陵)の147キロ!新星・高橋(北照)が自己最速146キロをマーク!【高校日本代表一次候補 参加投手球速一覧】

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.06

【愛知】誠信が優勝、県大会の出場校が出揃う<春季尾張地区予選結果>

2024.04.06

【春季東京都大会】高橋の2ランで先制した関東一が、駒大高の追撃をかわして3回戦進出

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?