News

26歳、3球団競合右腕が戦力外、度重なるケガに泣いた「心優しき好青年」

2023.10.23


ソフトバンクの154キロ右腕、高橋 純平投手(県立岐阜商出身)が戦力外通告を受けた。2015年ドラフト会議、3球団が競合して、ソフトバンクが当たりクジを引き当てた。その時のNo.1右腕と評価され、ドラフトの主役だった右腕。ドラフト1位として、投手王国の仲間入りを果たしたが、思うような結果は残すことができなかった。

下半身の故障や、右肩の故障などで、2018年まで1軍登板はわずか1試合。しかし、コンディションが戻った2019年にブレークする。中継ぎの「勝利の方程式」入りを果たし、45試合に登板、3勝2敗17ホールドをマークした。150キロ台の直球と鋭く落ちるフォークを武器に、チームの日本一にも貢献した。
しかし、新型コロナが流行した2020年から再び故障が高橋を襲う。右肩の炎症、内転筋を痛めるなど、マウンドにも立てない日が続いた。必死のリハビリで今年は2軍で登板していたが、来季の構想から外れた。

毎年、母の日には花束を贈り、冷蔵庫をプレゼントしたこともあった。オフに実家に帰り、再び福岡へ戻る際、涙を流して見送る母を見るたびに、自分を奮い立たせていた。ファン感謝デーでは、私服姿でイケメンぶりを披露して、女性ファンを魅了していた。そんな「ソフト」なイメージとは対照的に、マウンドでは打者の内角へズバッと直球を投げ込む強気の投球が光った。投げっぷりの良さが高橋の良さでもあった。
まだ26歳。コンディションが整えば、まだまだ一線で活躍できると信じている。新天地でのマウンドを楽しみにしたい。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

1 Comment

  1. 表現の誤りについて

    2023-10-23 at 6:58 PM

    「心優しき」という誤った表現をしてしまい、皆様に誤解を与えてしまいました。
    大変失礼致しました。
    記事書いた人に代わって、謹んで訂正申し上げます。

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.16

【12球団4番打者成績一覧】開幕ダッシュに成功した4番はOPS1.1超のWBC戦士!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード