News

楽天打線を今も支える二人を「同時下位指名」、2011年ドラフト

2023.10.22


毎年行われるドラフト会議で、指名した全員が1軍で華々しい活躍をすることはない。複数人の主力が出てくることも、そう多くはない。レギュラーや先発ローテーション投手、勝ちパターンといった主力が、同一のドラフト会議から生まれたら、それは”大当たりドラフト”と言っても過言ではない。
近年、各球団に大当たりドラフトはあったのだろうか。高校生と大学生社会人の分離ドラフトが終わった2008年以降のドラフトで振り返ってみたい。

今シーズン最終戦で敗れたため、4位に終わった楽天の生え抜き選手を見ると、ドラフト年度がバラけている。分離ドラフト時代の2006年には田中 将大投手(高校生1巡/駒大苫小牧出身)、永井 怜投手(大学生社会人1巡/東農大二出身)、嶋 基宏捕手(大学生社会人3巡/中京大中京出身)、渡辺 直人内野手(大学生社会人5巡/牛久高出身)といった大当たりドラフトがあったものの、2008年以降はここまでの大当たりは見られない。
そのなかで2011年のドラフト会議では、長きに渡って主力を務める岡島 豪郎外野手(関東学園大附出身)を4位で、島内 宏明外野手(星稜出身)を6位で指名した。

岡島は捕手としての入団だったが、2013年に外野手へコンバートされ定位置を獲得。日本一に大きく貢献した。以降は故障もあり、さらには捕手に登録を戻したシーズンもあり、紆余曲折あった。それでも2021年には5年ぶりに規定打席に到達。今シーズンも規定打席にこそ届かなかったが、114試合の出場で打率.266(361打数96安打)と結果を残した。
島内はルーキーイヤーから41試合に出場。2年目の2013年には97試合の出場で日本一に貢献した。2016年にレギュラーに定着して以降は、主力選手としてチームを引っ張っている。2021年には打点王、2022年には最多安打を獲得しベストナインを受賞した。通算1146安打は球団2位の記録となっている。

この2人ほどの活躍はできなかったものの、3位で指名され、今シーズン限りで現役を引退する三好 匠内野手(九州国際大付出身)は、楽天と広島の2球団で活躍。2019年に広島へ移籍した後は主に守備固めとしてチームを支えてきた。
ドラフト2位の釜田 佳直投手(石川・金沢高出身)は、1年目から7勝4敗、防御率3.28の大活躍。将来のエース候補として躍動した。しかし度重なる故障に悩まされたこともあり、以降は2016年に7勝を挙げたのが目立つのみと苦しんだ。結果的にルーキーイヤーがキャリアハイとなった。
ドラフト1位の武藤 好貴投手(札幌藻岩出身)は2015年に60試合の登板で4勝を挙げたものの、その他のシーズンでは結果を残せず2017年に現役を引退した。

<2011年ドラフトにおける楽天の指名選手一覧>
1位:武藤 好貴(札幌藻岩ー中京大ーJR北海道)
2位:釜田 佳直(石川・金沢
3位:三好 匠(九州国際大付
4位:岡島 豪郎(関東学園大附ー白鴎大)
5位:北川 倫太郎(明徳義塾
6位:島内 宏明(星稜ー明治大)
育1位:神保 貴宏(北海道栄ー平成国際大ートータル阪神ートランシス)
記事=勝田聡

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.16

【12球団4番打者成績一覧】開幕ダッシュに成功した4番はOPS1.1超のWBC戦士!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード