試合レポート

【神宮大会・代表決定戦】富士大 vs 東北福祉大

2023.10.22


富士大の3年生左腕・佐藤柳之介が雨中の快投!東北福祉大下し決勝進出

<明治神宮野球大会東北地区大学野球代表決定戦:富士大3-1東北福祉大>◇21日◇1回戦◇弘前市運動公園野球場(はるか夢球場)
明治神宮野球大会の出場権をかけた東北地区大学野球代表決定戦が開幕した。富士大(北東北大学野球連盟準優勝)が、東北福祉大(仙台六大学野球連盟優勝)を3対1で破り、決勝進出。富士大は八戸学院大(北東北大学野球連盟優勝)と、東日本国際大(南東北大学野球連盟優勝)の勝者と決勝で戦う。

富士大は0対0で迎えた5回、東北福祉大の2失策につけ込んで3点を先制する。投げては左腕・佐藤 柳之介投手(3年=東陵)、右腕・安徳 駿投手(3年=久留米商)のリレーで相手の反撃を1点に抑え、接戦をものにした。
富士大の先発・佐藤は7回3安打無四球11奪三振無失点と快投した。5回2死までは走者を1人も出さない完璧な投球。6回は先頭打者に安打を許すも、3者連続空振り三振でしのぎ、7回は2死二塁と、この日初めて得点圏に走者を置いたが、ここも好打者・石井 寛人内野手(3年=明秀日立)を3球三振に仕留めて本塁を踏ませなかった。

佐藤は試合後、「できすぎです」と笑顔。「リーグ戦が終わってから、初回の入りに気をつけることと、四死球を減らすことを意識して調整してきた。球威よりもコントロールを重視してフォームを見直したので、四死球がなかったことが一番の収穫」と冷静に振り返った。2桁奪三振は大学入学後の公式戦では初。安田慎太郎監督も「過去一番。今日はピッチャーに尽きると思います」と左腕を称えた。
最速147キロの伸びのある直球が最大の武器で、特に走者を出した6、7回は直球で押す場面が目立った。変化球は5種類あり、序盤はキレのあるスライダーやカットボールも駆使して、東北福祉大打線を手玉に取った。雨が降り続く悪条件の中、持ち味を存分に発揮した。

3年春までは目立った実績を残せていなかったものの、今年6月の全日本大学野球選手権で“ブレーク”。初戦の創価大戦で6回無失点と好救援し逆転勝利を呼び込むと、準々決勝の大阪商業大戦でも5回無失点と試合をつくり、チームの4強入りに貢献した。また今秋のリーグ戦は4試合で先発起用され、防御率1.27で初のタイトルとなる最優秀防御率賞を獲得。着々と成長を続けてきた。
佐藤自身、全日本選手権で好投したことで自信を手に入れた。「坂本(達也捕手、3年=博多工)のミットめがけて思い切り投げれば抑えられる」。同時に相棒への信頼も増した。この日も坂本を信じ、1度もサインに首を振らなかった。全国の舞台で得た経験は間違いなく今に生きている。

八戸学院大と東日本国際大の一戦は雨天の影響で22日に順延となった。それに伴い、決勝は23日に順延。富士大はリーグ戦準優勝で、決勝の対戦相手には1勝のアドバンテージが与えられるため、あと2勝しなければ神宮切符をつかむことはできない。佐藤は決勝に向け「また投げる機会があれば0に抑える」と誓った。
東北福祉大は5回の2失策が響き、悔しい敗退。それでも、先発した北畑 玲央投手(4年=佐久長聖)を含む4投手の継投で被安打を3に抑え、持ち前の投手力は光らせた。3年生以下の選手たちは来年、雪辱を期す。
(取材=川浪康太郎)

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード