試合レポート

日本ハム2位・進藤(上武大)の大学野球が終わる。それでも光ったディフェンスの高さ と人間力<明治神宮大会・大学の部>

2023.11.17


進藤勇也(上武大)

日本ハムドラフト2位の上武大・進藤 勇也捕手(4年=筑陽学園)が神宮大会初戦を迎えたが、富士大の左腕・佐藤 柳之介(3年=東陵)に抑え込まれ、0対1の完封負け。進藤の4年間が終わった。試合後、進藤は「まだ実感がありませんが、やはり負けたのは悔しいですね」と悔んだ。
2回裏、投手の佐藤に適時二塁打で1点先制された場面については「甘かったかもしれませんが、投手はそれでもしっかりと投げてくれたと思いますし、追加点を取られなかったことは良かったと思います」と投手の力投をたたえた。
進藤のディフェンス力はやはりずば抜けていた。安定したキャッチングで、ストライクを呼び込み、投手を楽にし、またイニング間の送球では1.8秒台を連発。どっしりとした構えには安心感があり、この日登板した井出 海翔投手(2年=佐久長聖)は進藤に対して「とにかく投げやすくて、安心感があります。進藤さんの存在感の大きさは一言で言い表せないほど大きいです。だからもう組めないと思うと寂しいですね」と全幅の信頼を寄せていたのが分かる。
また、対戦した富士大の選手からも賛辞の声があった。坂本 達也捕手(3年=博多工)は大学日本代表候補合宿で進藤とともに参加。間近でみて「進藤さんのどっしりとした構えが印象に残っていて、その印象は今日の試合でも変わっていません。学べるところは学んでいきたい」と語った。

ディフェンス力の高さが光る中、打撃では1打数0安打2四球に終わった。
「厳しいマークされる中だからこそ、打っていかないと思います。それでも打ち急がず四球を選べたのは良かったです」
進藤は今後に向けて意気込みを語った。
「上武大の4年間はきついことも多かったですし、初めて主将の役割を務めて、以前よりも喋れるようになりましたし、また、選手たちにはきついことを言ってきました。それでも主将ができたのは、周りや、先輩たちの支えがあったからこそできたと思います。この4年間は人間的に大きく成長できたと思います。これからも応援されるような選手になっていきたい」
試合開始から最後まで凛々しくプレーし、負けた直後は深々とお辞儀し、応援団へ感謝を述べた進藤。日本ハムでも上武大同様、投手陣の信頼やチームスタッフから信頼される存在となりそうだ。

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.08

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08

【神奈川】夏のシードをかけた3回戦は13日、8会場で開催

2024.04.08

【愛知】9日に県大会抽選会、50チームの頂点はどのチームか

2024.04.08

【春季東京都大会】佼成学園が日大三から悲願の勝利!狩塚の決勝三塁打、左腕・熊谷が力投

2024.04.08

立教大の新入生に高校日本代表の主将、センバツ優勝の遊撃手、大阪桐蔭のセカンドなど甲子園のスターたちが加入!

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.03

【千葉】銚子商が1点差で初戦突破、東京学館浦安、佐倉も初戦を突破<春季大会予選>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?