News

今年ドラフト候補の西舘と進藤が大活躍、2019年筑陽学園は強かった

2023.10.22


進藤勇也、西舘昂汰

今年のドラフト会議で指名を待つ選手のなかで、高校時代にバッテリーを組んでいた選手がいる。専修大の西舘 昂汰投手(4年)と、上武大の進藤 勇也捕手(4年)は、筑陽学園(福岡)でバッテリーを組み、春夏連続で甲子園の地を踏んだ。戦国・福岡と呼ばれる激戦区で、難しいとされる春夏連続甲子園出場を達成。2019年はまさに筑陽学園の年だった。

投手陣は「3本の矢」とも呼ばれた。当時145キロ右腕だった西舘を筆頭に、西 雄大投手(敬愛大)、菅井 一輝投手(九州国際大)がそれぞれ活躍を見せた。西はセンバツ初戦の福知山成美(京都)戦で2失点完投勝利。ツーシームを武器に自慢の制球力を生かして、チームのセンバツ初勝利に貢献した。菅井は速球を武器にワンポイントとしても起用されるなど、ピンチを平然と切り抜けるハートの強さがあった。

西舘は2年秋の九州大会準々決勝で、「秘密兵器」として先発すると、興南(沖縄)の宮城 大弥投手(現・オリックス)と投げ合って1対0で完封勝利。センバツ出場へと突き進んだ。夏はエースとして福岡大会を勝ち抜き、春夏連続甲子園出場に貢献。甲子園では初戦敗退となるが、作新学院(栃木)相手に延長10回を完投して大器の片鱗を見せた。

進藤は攻守にわたり、チームを支えた。「3本の矢」の投手陣をまとめ、それぞれの特性に応じたリードでチームに勝利をもたらした。打撃面でもセンバツでは8打数4安打の打率5割をマークし、夏も福岡大会決勝で逆転本塁打をマークしている。
江口祐司元監督が進藤を柱にチームづくりをした結果、2018年秋は福岡、九州で優勝し、明治神宮では1勝して4強に入った。2019年センバツはベスト8。夏は初戦敗退となったが、福岡での一時代を築いた。

その他、樟南(鹿児島)のエースとして夏甲子園準優勝した福岡 真一郎投手の息子、福岡 大真外野手(法政大)が話題をさらった。2018年秋の九州大会と明治神宮大会でそれぞれ本塁打を放つなど、スターの素質を持っていた。また、西日本短大附(福岡)時代に夏甲子園で優勝したメンバーで、現在・日本文理大の野球部の中村寿博監督の次男、中村 敢晴内野手(早稲田大)が当時2年生で遊撃手のレギュラーだった。

タレントが多く、話題も豊富。その筑陽学園の中心だった西舘と進藤が、4年後にともにドラフト指名候補として10月26日を待っている。NPBの世界で、再びバッテリーを組む日が訪れるかもしれない。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?