News

大谷も粉砕した「エースキラー」が戦力外、千葉ロッテ・福田秀平「あの放物線をもう一度見たい」

2023.10.17


福田 秀平

今季パ・リーグ2位のロッテで、来季の構想から外れ戦力外通告を受けた選手に、福田 秀平外野手(多摩大聖ヶ丘出身)の名前があった。ソフトバンク時代は走攻守そろった左打者として活躍。勝負強さを持った打者としてもキラリと光る結果を残した。

ソフトバンク打線の強力布陣のなか、レギュラーをつかめず、活躍の場を求めるようにFA権を行使してロッテに移籍した。他球団ならレギュラーだろうと、誰もが認める実力を持っていたが、ロッテではケガに泣いた。

死球を受けての右肩甲骨の骨折、右恥骨筋損傷など、移籍1年目からアクシデントが続いた。引退が頭をよぎったというが、それでもロッテで支えてくれた人への恩返しがしたいという思いで続けてきたが、契約が切れる今季をもって戦力外通告を受ける形となった。

ソフトバンク時代は、「エースキラー」と呼ばれた。エンゼルスで未曾有の活躍を見せるようになった大谷 翔平投手(花巻東出身)から日本ハム時代の2016年、2017年に本塁打をマーク。その他、オリックス時代の金子千尋、楽天・則本 昂大投手(八幡商出身)など、エースクラスを苦にしない打撃が売りだった。速球打ちが得意な福田の打撃技術が結果につながっていた。

打撃だけでなく、俊足の持ち主でもある。15年には32回連続盗塁成功という偉業も成し遂げている。

右肩の骨折の影響はもうなく、現役続行の意向だという。相手主力投手に立ち向かっていって、放物線を放っていた、あの頃の打撃をもう1度見たい。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?