試合レポート

【京滋大学野球】京都先端科学大vs大谷大

2023.10.18


京都先端科学大主将の中川聖也

京都先端科学大が逆転勝ち!4年生エースの庄田が7回1失点の粘投

<京滋大学野球連盟秋季リーグ:京都先端科学大5-1大谷大>◇16日◇第7節1回戦◇わかさスタジアム京都

京都先端科学大が大谷大に逆転勝ちを収めた。

京都先端科学大の先発はエースの庄田 和規投手(4年=日南学園)。既に優勝争いから脱落した中での戦いとなったが、「試合をやるからには勝たないといけないし、チームのために投げようとだけ考えていました」と最上級生として強い気持ちを持ってマウンドに上がった。

しかし、1回に失策をきっかけに1死一、三塁のピンチを招くと、内野ゴロの間に1点を失う。それでも2回以降は直球でコーナーを丁寧に突く投球で追加点を許さない。

打線は3回に3番・井口 遙希内野手(2年=近江)の左前適時打で同点に追いつく。そのまま勝ち越しといきたかったが、なかなか追加点を奪えない。

その中でも庄田は粘り強い投球で7回まで投げ、5安打1死球3奪三振で1失点。「2死からランナーを出すことがあり、野手もバッティングの方に繋げにくかったのかなと思う」と好投にも反省の弁を述べていた。

試合は7回に1死満塁から主将の2番・中川 聖也内野手(4年=天理)が押し出しの四球を選んで勝ち越しに成功。その後も押し出しや相手の失策もあり、4点を奪って試合を決定づけた。

苦戦が続いた今季は4位に終わる可能性もあり、「この秋は反省しかない」と語る中島輝士監督。それでも「残った4年生がしっかり頑張ってくれている」と中川や庄田といった秋までプレーを続けている4年生が懸命にチームを引っ張っており、後輩たちの良き見本となっている。「先輩を見て後輩がどう感じて野球に取り組んでくれるか」と中島監督は3年生以下の奮起を促していた。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.16

【12球団4番打者成績一覧】開幕ダッシュに成功した4番はOPS1.1超のWBC戦士!

2024.04.16

城西国際大の新入生に大阪桐蔭、帝京、作新学院、神村学園ら強豪校の好選手が揃う!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード