News

【ドラフト】度会隆輝(ENEOS)、横浜高初の「高卒社会人上位指名」なるか?

2023.10.13


ENEOS時代の度会 隆輝

26日のドラフト会議まで、あと2週間ほどとなった。今年の指名候補選手を見ると高校生では大阪桐蔭(大阪)・前田 悠伍投手(3年)、大学生では青山学院大・常廣 羽也斗投手(4年=大分舞鶴)に中央大・西舘 勇陽投手(4年=花巻東)、そして社会人ではENEOS・度会 隆輝外野手(21=横浜高出身)が注目を集めている。

その度会は横浜高(神奈川)時代の2020年にプロ志望届を提出するも指名漏れ。大学には進学せず、社会人野球のENEOSで技を磨き、再びドラフト戦線に戻ってきた。今回は高卒社会人としてドラフト上位指名が有力視されている。

度会の母校である横浜高からは多くのNPB(MLB)プレーヤーが誕生している。高卒でプロ入りした選手では、松坂大輔(元西武他)や筒香嘉智外野手(DeNA他)を筆頭に涌井 秀章投手(中日)や近藤 健介外野手(ソフトバンク)、万波 中正外野手(日本ハム)らがおり、大卒では柳 裕也投手(中日)、後藤武敏(元DeNA他)らが活躍した。

社会人出身者では伊藤 将司投手(阪神)、荒波翔(元DeNA)、高橋健(元広島他)の名前が挙がるものの、いずれも大卒社会人でのプロ入りだった。

一方で高卒社会人(クラブチーム含む)出身は過去4人がドラフト指名(1人は入団拒否)されている。いずれもドラフト5位以下の下位指名だったこともあるのか、1981年に盗塁王を獲得するなど通算558試合に出場した青木実(横浜高→日産自動車→1974年ヤクルト5位)がいるものの、高卒、大卒、大卒社会人出身者の豪華メンバーと比べるとやや見劣りする。

度会は横浜高OBの高卒社会人出身選手として初の上位指名選手となり、偉大な先輩たちと遜色ない成績を残すことに期待がかかる。

<横浜高OBで高卒社会人ドラフト指名された選手>

石井満(日本石油→1965年阪神5位)※入団拒否
米山哲夫(東芝→1970年西鉄5位)
青木実(日産自動車→1974年ヤクルト5位)
丹波幹雄(ウィーンベースボールクラブ→1998年ヤクルト8位)

※2022年ドラフト終了時点

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.01

【春季鹿児島大会】鹿児島玉龍が逆転勝ち、錦江湾は先制もあと1歩及ばず

2024.04.01

【春季鹿児島大会】国分中央が「監督の教え」を実践して接戦制する

2024.04.01

【春季鹿児島大会】鹿屋農エース吉元が2試合連続の完封劇

2024.04.01

【春季鹿児島大会】鹿児島実の4番・原田が3打点の活躍

2024.04.01

【鹿児島】れいめいと出水中央がベスト4入り<春季大会の結果>

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.04.01

【春季鹿児島大会】鹿児島玉龍が逆転勝ち、錦江湾は先制もあと1歩及ばず

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.16

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?