試合レポート

【東京】1回戦 聖パウロ学園 vs 八王子実践

2023.10.09


聖パウロ学園 川畑の決勝打に原田―宮川の好リレーで接戦の八王子対決を制す

<秋季東京都高校野球大会:聖パウロ学園4ー2八王子実践>◇8日◇1回戦◇スリーボンドスタジアム八王子

1次予選で都立の強豪・都立城東を破った八王子実践と、同じく1次予選で八王子をコールドで破った聖パウロ学園の対戦。力のあるチームを破って本大会に出場した、ともに八王子市に学校がある両校の試合は、引き締まった好ゲームになった。

八王子実践は1年生ながらエースの常谷 駿佑投手(1年)が先発。聖パウロ学園は背番号10ながら、夏まではエースで、今大会は背番号1の宮川 聖治投手(2年)と競い合っている原田 翔奈冬投手(2年)が先発した。「もともと大会では原田が投げていましたから」と、聖パウロ学園の勝俣秀仁監督は言う。

「緊張しました」と言う原田は、2回は無失点で切り抜けたものの、3四球で満塁のピンチを招くなど、やや不安定さがあった。3回、八王子実践は、中堅手の失策で2死二塁から、5番・疋田 隼大内野手(2年)の中前安打で1点を先制する。

その裏、聖パウロ学園は1番・山下 星信外野手(2年)の三塁打と3番・川畑 柚斗内野手(2年)の左前安打で同点に追いつく。

5回、八王子実践は1死二、三塁のチャンスを作るが、4番・奥西 陽大外野手(2年)の二ゴロで三塁走者は三本間に挟まれアウトになり、さらに二塁走者までも挟殺プレーでアウトになり、一瞬にしてチャンスがついえた。最近の高校野球は、挟殺プレーをうまくできないチームが多くなっているが、聖パウロ学園は、そうした基本的なチームプレーの練習をしっかり積んでいることが伺えた。

その裏、聖パウロ学園は、この回先頭の9番・平田 藍斗内野手(2年)が左翼に大きな打球を放つ。平田は9番打者で体も大きくないので前よりに守っていた左翼手の頭を越える三塁打となる。続く1番・山下 星信外野手(2年)の左犠飛で平田が還り、聖パウロ学園が勝ち越した。

それでも八王子実践は7回、四球で出た走者が犠打で二塁に進み、2番・齋藤 謙哉外野手(2年)の中前安打で還り、同点に追いつく。聖パウロ学園の原田の登板は7回までで、8回から背番号1の宮川が登板した。原田は2点を失ったものの、夏まではエースだっただけあり、しっかり試合を作る投球をした。ただし「コントロールが乱れ、四球が多かったです」と原田が言うように、制球力が課題となった。

一方、八王子実践の常谷は、6回までに2失点はしたものの、直球に球威があり、スライダーなどの変化球にもキレがあって好投した。しかし7回は四球に犠打エラーで一、二塁とし、聖パウロ学園の3番・川畑に二塁打を打たれ、2人が還り2点を失う。結局、この2点が決勝点になった。決勝打の川畑はこの試合、4打数4安打の活躍であった。

8回から登板した宮川は、右翼手・村越 温斗外野手(2年)の好守備もあって8回、9回を3人ずつで抑え、4対2で聖パウロ学園が逃げ切り、2回戦に進出した。

八王子実践の河本ロバート監督は、投手育成には定評があるだけに、先発の常谷だけでなく、2番手として登板した岡本 優誠内野手(1年)も、ともに1年生ながら可能性を感じさせる投球を繰り広げた。春以降の成長が楽しみなチームである。

また聖パウロ学園の勝俣監督は、「(八王子実践の)常谷投手は夏も練習試合で対戦したので、接戦になると思っていました」と言う。こうした接戦をものにしたことは、聖パウロ学園にとっては、貴重な経験になる勝利であった。2回戦の国士舘は強豪だが、好ゲームを期待したい。

取材=大島 裕史

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

1 Comment

  1. 大學OB

    2023-10-17 at 8:05 AM

    甲子園目指して頑張れ

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】