News

【ドラフト】仙台育英・仁田陽翔の指名はあるのか? 潜在能力最強左腕も、「制球力」という弱点アリ

2023.10.09


ドラフト候補は、不安要素が少ない選手のほうが、高い評価を受けやすい。一方で、不安要素を乗り越えて成功を収めた選手もいる。

今回紹介する仙台育英の速球派左腕・仁田 陽翔投手の潜在能力はピカイチ。大きな不安要素も抱えたピッチャーだ。

仁田の1球1球のボールの精度の高さは世代でも数字面でもトップクラス。甲子園では常時140キロ中盤を出し、左腕では最速となる149キロを計測した。世代NO.1左腕の呼び声高い前田 悠伍投手(大阪桐蔭)もMAXは140キロ中盤。仁田の出力は前田を上回る。

また、変化球の切れも鋭く、130キロ前半のスライダーは、低めに決まれば高確率で三振を奪うことができる。

投球フォームも非常に躍動感があり、右足を勢いよく上げていきながらもバランス良く立つことができており、体重移動も下半身主導で、テークバックの時の腕の旋回をみると、実にスムーズで、肩、肘のしなやかさも感じる。

弱点は、制球力

しかし、この夏の甲子園、仁田は僅差の場面での登板はなかった。なぜなら、コマンドが安定しないからだ。

仁田の投球フォームはダイナミックだが、リリースポイントが安定しない。そのためすっぽ抜けの頻度が多く、ボール先行のカウントになり、結果、苦しいピッチングを強いられてしまうことがあるのだ。

仁田は甲子園決勝戦後の取材で、自身の投球をこう振り返っている。
「スピード自体は出ていたんですけど、やはり調子の波、制球力が改善されないまま終わってしまった。投球フォームをしっかりと確立して、うまくいかなかったことをこれからの練習で活かしていきたいです」

投球フォームが硬いため、制球力が安定しない投手は多いが、仁田の場合、力強く、しなやかな投球フォームだ。改善する可能性はじゅうぶんにあるだろう。コマンドさえ安定すれば、平均球速が高くなっている日本のプロ野球でも速球派左腕として活躍できる可能性はある。

ドラフト指名があるかどうかのボーダーラインにいると思われる仁田。彼の潜在能力を最大限に評価する球団が現れることを願いたい。

【選手名鑑はこちら】

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

【山形】鶴岡東は村山産業と山形工の勝者と対戦<春季シード決定ブロック大会組み合わせ>

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード