試合レポート

【東京】1回戦 修徳 vs 都立片倉

2023.10.07


修徳が3回の4点を守り切って、粘る片倉を振り切る

<秋季東京都高校野球大会:修徳4-1都立片倉>◇7日◇1回戦◇コトブキヤST立川

10月に入って、来春の第96回センバツの選考に当たって大事な資料となる秋季東京都大会がこの日から開幕した。東京都大会は秋季は関東大会から独立しているだけに、余計にそこで勝ち上がる意義は大きい。

夏の東東京大会ではベスト8に進出した修徳はシード校という扱いになったが、初戦は都立の有力校、都立片倉との好カードとなった。1次ブロック予選で都立片倉都立田園調布都立四商にいずれもコールド勝ちしての本大会進出である。修徳都立広尾都立墨田工科にいずれもコールド勝ちで、力を示してきた。好勝負が期待された。ただ、都立片倉としては、1年生が投手陣を含めて多く、主力となっているということが、厳しい場面になった時の不安材料にはなっていたということだった。

初回から2回は都立片倉の1年生・橋口 海丈投手と修徳の脇本 力丸投手(2年)との投手戦という展開になっていくだろうと思わせるものだった。試合が動いたのは3回、修徳は8番・小濱 悠葵捕手(2年)が右前打してチーム初安打。バントで二塁へ送ったが、1番・齋藤 紘内野手(2年)が中前へはじき返すと、これを後逸してしまい、二塁走者は生還して、打者走者も三塁へ進んだ。さらに、逢坂 拓未内野手(2年)と賀曽利 航生内野手(2年)の連打で2点目。2死一、二塁となって、5番・染田 棟煌外野手(2年)が右越え三塁打してさらに2点が入った。

試合後、都立片倉の宮本 秀樹監督は、「3回のあの三塁打が痛かったね。2点差だったら、何とかワンチャンスで返せるところかなと思っていたんだけれども、4点だと、ちょっときついよね」と、この三塁打が致命傷になったということを述べていた。

というのも、4回に連続四球で一、二塁になったところで、橋口投手を諦めて左腕・田中 琉翔投手(1年)を投入。この、田中琉投手が粘り強く投げて、以降、走者は出すものの修徳打線に最後の突破をさせずに堪えていた。これといった、驚くような球を持っているというワケではないのだけれども、スリークォーターからの丁寧な投球で、上手に処理していた。それだけに、少ない得点差でついていきたかったというのは本音であろう。

都立片倉は、4回に3番・松苗 勇利内野手(2年)が二塁打して、これが修徳の脇本投手攻略への1つの糸口になっていったようで、その後は毎回のように安打が出て、複数の走者が出て塁上を賑わせていた。しかし、あと1本が出ないというか、脇本投手が何とか粘って堪えていたというか、結局、都立片倉は6回に児玉 凱哉外野手(1年)、上野 晴斗外野手(2年)、小倉 貫太捕手(2年)の3安打で1点を返したにとどまってしまった。

脇本投手が捉えられてきたかなと感じた修徳の荒井 高志監督は、9回には左腕の杉山 諒汰投手(2年)を投入して、追いすがる都立片倉打線を何とか交わした。

3回の4点を守って逃げ切った荒井監督は、「本大会初戦ですからね、完璧な試合はできませんね。守りでも、攻撃でもミスが出ているのですけれども、何とか堪えて守れたというところですね。脇本は、よく踏ん張ったと思います。完投はさせたかったんですけれども、杉山を投げさせられたというのは、結果としては、(勝っていけば)長くなる秋季大会のことを思えばよかったのではないかと思います」と見ていた。また。打線に関しては、「1つひとつの技術的な面でいえば、悪くはなかったと思います。ただ、走塁の判断ミスとか、そんなところは反省点です」と、5回の無死一塁の場面で右飛で走者が飛び出してしまい併殺となったことなどを反省材料としていた。

都立片倉の宮本監督は、「1年生が多いんでね、チームの経験が少ないからね。いろいろやりたかったけれども、なかなかやりきれなかった。だけど、1年生の投手はよく投げたと思う。特に、2人目の田中は、これはよく投げてくれた。だから、期待値はあるよね」と、収穫を見出しながら、来春以降を見据えていた。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

中央学院大が新入生を公開!拓大紅陵、千葉学芸、専大松戸、中央学院など千葉の強豪校の主力が一挙入学!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?