試合レポート

【神奈川】準決勝 桐光学園 vs 鎌倉学園

2023.09.30


慶應義塾を完封した桐光学園のエースは10安打を打たれながらも1失点完投!バッテリーの活躍で4年ぶりの関東大会出場

<神奈川県高校野球秋季県大会:桐光学園7-1鎌倉学園>◇30日◇準決勝◇サーティーフォー保土ヶ谷

桐光学園vs鎌倉学園の一戦。

桐光学園が粘り強い攻めで、決勝進出を決めた。

1回、桐光学園は大型内野手・森 駿太内野手(2年)の三塁内野安打からチャンスを作り、1死満塁のチャンスから内野ゴロの間に1点先制。そして3回には4番・中村 優太捕手(2年)の2ランで3対0と突き放す。

中村は「まだ調子は良くないですが、高めに浮いた球をたたくことができました」と自分のやるべきことをしっかりと実践した。

4回には矢竹 開外野手(2年)の適時打で4対0として、主導権を握った。

8回にも3点を追加し、7対0とするが、鎌倉学園が1点を返し、コールドを阻止した。

慶應義塾戦で完封勝利を挙げた法橋 瑛良投手(2年)は10安打されながらも1失点完投勝利。法橋は「10安打打たれながらも1失点に抑えたのは大きな成長だと思います」と振り返った。

法橋には力みがない。コントロール重視で淡々と打者を打ち取る。シングルヒットを打たれても、点を取られなければいいという気概が見える。夏以降にこだわったのは制球力。制球力向上のために、トレーニングやフォームの見直しを行った結果、本人がこだわる打たせて取る投球ができるようになった。

「秋の段階ではコントロールよく投げることができれば、抑えることができるかなと思いました。コントロールがよくなったのは、フォームが良くなったからだと思います」

野呂監督は「今年の暑さは誰しもがバテるような中、法橋はしっかりとトレーニングをしていた。まだ暑い日が続きますが、秋の投球は猛暑でのトレーニングが生きていると思います」とエースを称えた。

バッテリーの活躍で4年ぶりの関東大会出場を決めた桐光学園。野呂監督は「まずは県1位で通過することを目指します」と優勝することにこだわった。

次は横浜との決勝戦。毎年、激しい争いが行われるが、今回もハイレベルな戦いとなるに違いない。

 

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

【春季沖縄大会】与勝がベスト16へ、打撃好調の1番・仲新門 大惺が4打点をマーク

2024.03.30

健大高崎が逆転勝利で初の決勝進出、群馬県勢69年ぶりの快挙!星稜あと1歩に泣く

2024.03.31

健大高崎・石垣元気が150キロ! 高校2年投手の150キロ超えは安樂以来、11年ぶり!【2024年センバツ 140キロ超え投手一覧】

2024.03.30

【高知】明徳義塾が激戦を制して優勝<春季大会の結果>

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.25

阿南光の吉岡が14K無四球完封で初の8強入りに導く、熊本国府の反撃実らず

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】