試合レポート

【阪神大学野球】2回戦 天理大 vs 関西国際大

2023.09.30


天理大が延長11回の末に関西国際大を下す!天王山の行方は3回戦に

<阪神大学野球秋季リーグ:天理大4-3関西国際大(延長11回タイブレーク)>◇29日◇第4節2回戦◇大阪シティ信用金庫スタジアム

ともに勝ち点3で迎えた首位攻防戦。6連覇を目指す天理大が延長戦の末に勝利して、対戦成績を1勝1敗とした。

天理大の先発は今年6月の全日本大学野球選手権でノーヒットノーランを達成した真城 翔大投手(4年=高知商)。今季は不調で出遅れていたが、前節から戦列に戻ってきた。

「9回までは完璧でした」とこの日の真城は絶好調。多彩な球種を駆使して関西国際大打線に的を絞らせず、5回までパーフェクト投球。6回、無死から初安打を許したが、8回までに許した走者はその1人だけだった。

真城の援護に応えたい天理大打線だったが、関西国際大先発の堀 陸人投手(3年=如水館)を攻略できない。スタメンに左打者が6人並ぶ天理大に対して、左腕から繰り出される外に逃げるスライダーはなかなか厄介だった。

堀は7回途中まで無失点に抑えると、2番手の谷 大和投手(4年=姫路南)も粘投。両チーム無得点のまま試合は9回に突入した。

9回、天理大は2死から連打で一、二塁とすると、8番・小池 倖史郎外野手(2年=箕島)が左中間を破る2点適時二塁打を放ち、ついに均衡を破る。

関西国際大はその裏、1死三塁のチャンスを作ると、エースの不後 祐将投手(4年=中京大中京)を代打で起用。投手の不後だが、今年から打者として出場することもあり、今春は15打数6安打の好成績を残している。

その不後が放った打球は一塁ゴロとなるも相手の失策を誘い、三塁走者が生還。不後も一塁に残った。それから2死満塁となり、押し出し死球で関西国際大が同点に追いつく、なおも2死満塁とサヨナラのチャンスは続いたが、ここは真城が左飛に打ち取って、延長戦に持ち込んだ。

延長10回からは無死一、二塁のタイブレークでイニングがスタートする。10回表、関西国際大は指名打者を解除して、不後をマウンドに送る。天理大も10回から1回戦で先発した本間 悠貴投手(4年=大冠)が登板し、総力戦と呼ぶに相応しい試合となった。

10回はともに1点ずつ取り合うと、11回表に天理大は1死二、三塁から5番・石飛 智洋外野手(3年=出雲西)の二塁ゴロで1点を奪う。その裏は本間が見事なフィールディングで先頭打者のバントを三塁でアウトにすると、後続も打ち取り、1点のリードを守り切った。

負ければ優勝が厳しくなる中で踏みとどまった天理大。「接戦をものにできたのは大きいと思います。今日の勝因は真城が試合を作ってくれたこと」と藤原 忠理監督は安堵しつつ真城の好投を称えた。

3回戦は優勝を懸けた一戦となる。「次も絶対に負けられないので、今日のようなピッチングをして、みんなで勝てたらなと思います」と意気込む真城。勝利の女神はどちらに微笑むだろうか。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>