試合レポート

【阪神大学野球】2回戦 甲南大 vs 大阪産業大

2023.09.30


ルーキー・武田がリーグ戦初勝利!甲南大が投手戦を制す

<阪神大学野球秋季リーグ:甲南大2ー1大阪産業大>◇29日◇第4節2回戦◇大阪シティ信用金庫スタジアム

甲南大がロースコアの接戦で大阪産業大を下して、対戦成績を1勝1敗のタイにした。

甲南大は1回、無死一、三塁から相手の失策で先制すると、さらに1死二、三塁から5番・奈波 遊野内野手(1年=東海大大阪仰星)の遊撃ゴロの間に追加点を挙げる。

甲南大は2回以降に追加点を奪えなかったが、この日は投手陣が頑張った。先発の武田 桜雅(1年=大阪商業大堺)は最速142キロの直球にキレのあるカーブやチェンジアップなどを投げる左腕。5回まで毎回の7安打を浴びるも「ピンチで抑えきれたのが良かった」と要所を締める投球で無失点に抑えた。

6回、無死一塁、1ボールというタイミングで甲南大は最速148キロ右腕の岡本 駿投手(3年=徳島城南)に継投。無死満塁から犠飛で1点を返されたが、「ストレートが走っていたので、どんどん押していこうと思っていました」と自慢の速球に加え、今季から使い始めたツーシームを武器に7回、8回を無失点に抑えた。

9回は藤田 空悟投手(2年=)が登板。1死一、二塁から右飛に打ち取ると、二塁走者の荒木 海斗外野手(4年=福井工大福井)が三塁に進む。さらにその三塁送球が乱れ、荒木は本塁を狙った。しかし、藤田がしっかりと三塁のベースカバーに入っており、挟殺プレーでタッチアウト。度重なるピンチを凌いだ甲南大が勝利を収めた。

5.0回を無失点に抑えた武田はこれがリーグ戦初勝利。「嬉しいです」と満面の笑みを見せた。

甲南大は今年の新人戦で優勝するなど、有望な下級生が多い。特に武田は最優秀新人賞のタイトルを獲得し、優勝の立役者となった。

その中で4年生唯一のスタメンだった堂本 武蔵捕手(須磨翔風)も投手陣をよくリードし、上級生と下級生のバランスが良いチームとなっている。

昨秋の入れ替え戦に勝利して1部に昇格、今春は最下位ながらも入れ替え戦に勝って残留を決めた甲南大。3回戦で勝利して2つ目の勝ち点を確保すれば、入れ替え戦回避に大きく近づく。次戦も総力戦で勝利をつかみにいく。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード