試合レポート

【千葉】準決勝 中央学院 VS 習志野

2023.09.30


中央学院が5年ぶり6回目の関東大会出場!颯佐の好投で習志野に勝利!

〈第76回秋季千葉県高校野球大会:中央学院9ー5習志野〉♢30日♢準決勝♢県野球場

6回以降、中央学院が隙のない攻撃で習志野に逆転。さらに1回途中からマウンドに上がった颯佐 心汰投手(2年)の好投もあり、5年ぶり6回目の関東大会切符を手にした。

中央学院は初回から仕掛けて、スクイズで1点を先制する。その裏、習志野は4安打と犠飛で4点を取り逆転に成功した。中央学院は2回に2点を奪い3対4と1点差まで詰め寄るも、4回に習志野は1点を追加し点差が広がる。

しかし6回、中央学院は2四死球と3安打などで3点を加え逆転に成功。さらに9回にも3点をダメ押しして逃げ切った。

中央学院の颯佐の力投が光った。相馬監督も「颯佐の投球は非常に大きかった。打者を見てしっかり対応していたし、こっちが求めている以上の結果を残してくれた」と「颯佐様々」だった。

1回途中の無死一、三塁からマウンドに上がった颯佐は、結局最後まで投げ切って、すべてのアウトを奪って実質的な「完投勝利」を手にした。颯佐は疲れがあったのか最速148キロの直球こそ見られなかったものの、常時140キロ前半から130キロ後半の直球とスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップを上手く使い分けた。習志野打線に4回に1点を取られるも4回以外のピンチも無失点で切り抜けた。7回の2死満塁では、8番・長尾 敦俊捕手(2年)を渾身の直球で空振り三振に抑えた。颯佐も「あの場面で一番良い球が投げられました」と颯佐自身もあの球には手ごたえを感じていた。

中央学院はこれで秋季関東大会を決めた。その立役者はリリーフ颯佐。相馬監督も「颯佐がリリーフでいてくれるからこそ、先発の投手などが気負わず投げてくれる」と話す。颯佐の存在は中央学院にとって大きく、まさに攻守の要。関東大会でも攻守で実力を発揮するに違いない。

習志野は4年ぶりの関東大会出場を逆転負けで逃した。小林監督は「序盤の守備のミスが痛かったです」としながら、「先発の高橋は3回までもってくれればよかったけど結果5回まで投げてくれて非常に良かった」と3失点の高橋については、収穫ととらえていた。

 

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

中京大の新入生に愛知、東海地区を代表する好投手、好打者たちが続々入学! 大阪桐蔭や名門校出身者・甲子園出場組も

2024.04.11

神奈川大が新入生を発表!甲子園ベスト4の神村学園のエース右腕、健大高崎のセンター、横浜隼人の4番打者などが入部!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?