試合レポート

【千葉】準々決勝 専大松戸 vs 千葉経大附

2023.09.25


専大松戸・中山凱

専大松戸、4失策8失点でもベスト4 勝利の立役者は捕手転向の大型野手

<第76回秋季千葉県高校野球大会:専大松戸9ー8千葉経大附>◇24日◇準々決勝◇千葉県総合スポーツセンター

3季連続で県優勝の専大松戸。前チームは実に隙がない試合運びが魅力的だったが、やはり新チームだけに、どうしても未熟な部分はある。今年は持丸監督が指摘するように、守備面の課題が多い。準々決勝の千葉経大附戦では、3回まで4失策6失点を喫し、3回表を終わって、2対6の4点ビハインドだった。

千葉経大附の強打がもちろん目立っていた部分はあるが、しっかりと守っていれば、6失点を取られる内容ではなかった。

持丸監督は「負ける試合はこんなものかな」と思いながらも、選手たちの表情を見て、なんとかいけるのではないかと思ったという。

「6点取られても、静かになる雰囲気もなく、しっかりと落ち着いているのが見えました」

それは、大型遊撃手・中山 凱(2年)が捕手に転向したのが大きな要因だろう。持丸監督は中山の遊撃手としての守備力、視野の広さ、強肩ぶりを評価し、「本当は転向させたくないんですが、今のチームで中山以上の捕手がいない」と語るように、扇の要といえる捕手で任せられる選手が現時点で中山しなかった。遊撃手の中山の守備力を捨ててまでの決断は、この試合で大きく生きる。

主将でもある中山は「とにかくアウトを1つずつ取ろうと思いました。まだ序盤だったので、1点ずつ取りに行こうと思いました」と語る。冷静に試合を進める主将の姿を見て、ナインも落ち着きを取り戻し、3回、4回に1点ずつ取り返し、5回には千葉経大附のミスも重なって同点に追いつき、さらに鵜澤 覚斗内野手(1年)の適時打で勝ち越しに成功した。6回裏には中山の適時打で8対6とする。逃げ切りたい専大松戸だったが、8回表に同点に追いつかれてしまう。

しかし、試合を決める流れを作ったのは、またしても中山だった。9回の守り、先頭打者に出塁を許したが、自慢の強肩で二塁盗塁を阻止した。二塁送球1.9秒台の強肩がさく裂。この試合3度目の盗塁阻止だった。その裏、自身が三塁打を放ち、4番・水谷 南音内野手(2年)の適時打でサヨナラ勝ちを決めた。

持丸監督は試合後、この試合について「このように逆転勝ちできたのは、上級生の経験が財産になっているかなと思います」と語る。前チームの選手たちは後半に強かった。主将の中山はその中心選手。ビハインドになっても動じない選手が主将で正捕手なのは心強い。

一方で、このチームの課題を語った。

「まず守りをなんとかしないと関東(大会)は行けません。この1年は中山以上のショートが浮上するか、そして中山をショートに戻せるぐらいの捕手がでてきてほしいと思っています。とはいえ、捕手・中山はとにかく肩が強いですし、走者を刺すことができる。その点は去年の捕手より上ではないかと思っています」

中山は高く評価しつつも「まだ自分たちの野球を確立できていないので、その点も課題と見ています」と勝利しながらも、指揮官として、冷静に今年のチームの現状を語った。

巧打者も多く、千葉県全体でみると選手の力量は高い。甲子園を目指すとなると課題は山積みだが、勝つことで反省を生かす機会はすぐに訪れる。まずは次の準決勝を、その機会にする。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード