News

トラブルに対する適応力

2023.09.19


試合に臨む前のアクシデントやトラブルを予測して、準備しておこう

 

自分自身の体をよく知り、必要に応じて最適なコンディショニングを行うセルフコンディショニングの考え方は、競技力の向上に欠かせないものの一つです。この中にはアクシデントやトラブルに対する適応力を身につけることも必要であり、想定内のこと、想定外のことを含めていつも通りにいかないときに、いかに良いコンディションを保つかを素早く考えて対応していくことが大切です。

パフォーマンス発揮のための準備に向けた考え方※には、予測とコントロールの2軸を用いてわけると考えやすくなります。すなわち

1)予測もコントロールも不可能
2)予測は不可能だが、コントロールは可能
3)予測は可能だが、コントロールは不可能
4)予測もコントロールも可能

という4つのパターンです。ここから試合や遠征などで起こりえるアクシデントやトラブルをあらかじめ想定しておき、そのときの対応や行動をチーム内で話し合っておくことや、準備をしておくようにしましょう。

1)対戦相手の投手の情報がまったくない場合。そのときにどのようなことを考え、対応していくのか(予測不可能、コントロール不可能)。

2)試合当日にレギュラーメンバーの半分近くが感染症にかかって試合に出られなくなってしまった場合。残りのメンバーでどうやって試合に臨むのか(予測不可能、コントロール可能)。

3)移動中のバスが渋滞に巻き込まれて、試合開始ギリギリになってしまったとき、どのような準備をして試合に臨めばよいか(予測可能、コントロール不可能)。

4)合宿先に使用できるトレーニング施設が見当たらない場合、どうやってトレーニングを継続していくか(予測可能、コントロール可能)。

これら突発的なアクシデントの例ですが、それでもあらかじめ想定し、対策をしておくことでより良いコンディションを維持することができるのではないかと思います。皆さんの活動の参考にしていただければと思います。

参考書籍)アスリートのためのトータルコンディショニングガイドライン

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!